2009年02月26日

Image893.jpg2年ぶりにシゲに会った。

前回の日記で書いたように、過去のいろんな録音をきいてしまって頭が混乱した矢先だったから、なんか不思議なものを感じたよ。

偶然梨っちゃんも来ていてね、そうだ、ワルツの3人が再会したのはラストライブ以来2年ぶりで。なんだか3人で乾杯したら、恐ろしいくらい不思議な感覚に襲われた。


シゲとの付き合いはまあまあ長いけど、バンドをやったのはたった4ヶ月。

あの時期ぼくは残像の曲をすべて封印してまったく新しい音楽性のバンドを始めようと奮闘していた。

結果的に、そのレパートリーの半分くらいはその後の残像でも再アレンジして演奏することになるわけだけど、それでもあのときは新しい音楽を作るんだと何か得体の知れない力に衝き動かされていたし、その濃密なエネルギーは忘れない。


シゲの物の考え方は、僕のまわりの誰とも違って、カルチャーショックと言ってもいいくらい切り口が斬新で、鋭くて、インパクトや潔さや、なによりも破壊力があって、けれど根底にあるのは(それは彼との付き合いが長い僕だからわかるのかもしれないけれど)ナイーブさや自分との向き合いが見え隠れして。

バンドは短命に終わってしまったけど、それはその後の様々な活動に生きている。

というか、それへの対抗心でここまで来たつもり。


その対抗心ゆえ、長年の付き合いにもかかわらずしばらくこちらから連絡をとれずにいたけれど、先日偶然会った彼は、そんなことまるでおかまいなしに「そんな久しぶりだっけ?このまえ新宿でみかけたぜ?」みたいな感じでエヘラエヘラ僕をからかっては、いつものように下らない言葉遊びにまぶしながら、的を得たアドバイスなどを僕にくれたりもして、やはり、はっとしたのだ。


その日はモノノフルーツのライブでみんなモナレコードに集まっていて、そのあとは打ち上げもあって、モノノフのみんなやミックスナッツの林くんや、金沢のシンガーソングライター杉野くんや、時々サポートしてるくりすさんや、梨っちゃんや、いろんな人に久しぶりに会って、岩崎愛ちゃんとも電話口で再会したり、そのあとは何人かで飲みに行ったりして、ああ、久しぶりに酔っ払うのもいいなあと思ったり(長い間ぼくは酔いどれキャラだったから、みんな今の僕が信じられないみたい)、
単純に、
仲間に会って話すってことは、それだけで素晴らしいことだなあと思った。


仲の良し悪しにかかわらず、人に会いに行くのが億劫になるときってあるじゃない?ライブにも行かなくなったり。

まあそんな時期も必要だけど、気分変えて人のいる場所に出ていくことはやっぱり大事だなと。

そういうところから、ふと自分の音楽や、これからの活動の糸口が見つかるかも知れないし、新たな出会いとか、運命的な何か――まではいかなくても、迷ってることの暗示的なヒントが見つかるかも知れないよね。

バンド組みたい人は何人かいるけれど、誰に声かけるかはまだ決めていない。
イメージはいくつも浮かんでは消える。

ヒントを探しながら、
直感や確信を待ちながら、
もうちょっと耳を澄ましてみるよ。

億劫がらずに外へ出掛けていこう。

みんなと話してみよう。
posted by oomorigenki at 21:09| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

アムリタ

image/zanzow-2009-02-23T20:47:49-1.jpgアムリタ(吉本ばなな)を読んで、落ちた。


僕には記憶喪失も、不思議な力もないけれど、いろんなことがいちいち分かりすぎるくらい分かって、苦しくなった。


一度損なわれたら、もう二度と戻らないこと。

変わりゆく自分もまた、二度とは元通りにならないということ。

死んだ人や、今はいない多くの人々。

たくさんの場面。

その時その時にそこにいた人々。笑顔。エネルギー。


永遠とは思わないまでも、すぐに消え去ることなど思いもしなかった場面、

あるいは、
終わることは分かっていても、それをどうすることも出来ない、そんな場面。

そのどちらにせよ、それらは失われ、今僕は今に生きている。

二度と戻らない繰り返しで、僕らは今を生きている。


頭が満杯と空虚とを繰り返して、オーバーヒートした。

さまざまな時期の録音を聴いてしまい(かなり久しぶりに聴くものもあり、これは音楽をやる者にとってはかなりの勇気がいる行為である)、それを聴けばいつでもそこに行けそうなくらい細部まで思い出せるのに、まるでここにあるみたいなのに、もうすべてが幻で、それを痛感したりした。

さらに、その時々の自分の輝きにやられて、すごいエネルギーに参ってしまいそうになった。

今ももちろんやる気に満ちているが、充電と放電の割合でいけば対極だから、やっぱりきつかった。

これから組む新しい残像(もしくは別名の新バンド)のイメージ――それは固まりかけていた――が、信じられないくらいたくさんの要素を注入されて、溢れ出て、ぐらんぐらん揺れた。

バンド結成は、延びた。かも。


けれど、思ったのは、

どんな時期の、どんなエネルギーにも負けないくらいのバンドを組まなきゃ意味ないってことだ。

こんな感傷に負けてるうちは、新しいバンドなんてスタートさせられない。


多かれ少なかれ、だとは思うけれど、みんな変わっていく。

変わりたいと思うし、変わりたくない変化だとしても、いずれにせよ、人は変わり、環境も変わり、人は何回も生まれ変わる。


そのたびにたくさんのものを失い、場面は消え去り、二度と戻らない。

けれどそうやって生きることが人生だし、その刹那を思いながら生きていくことで、大事な人を大切に思えたり、命や時間を大切にしたりできる。
(アムリタの結論はむしろこっちだよね)

村上春樹も、ダンスダンスダンスで書いていたけれど、どんどん損なわれる。選択肢はどんどん狭まる。けれど、あきらめちゃいけない。

どんどん失われるけれど、まだゼロじゃない、それがあるうちは踊り続けないと。

と 話が抽象的になってきたけど、

僕は、今を大事にしなきゃ。

幻(それは自分のなかだ)を相手にしてる暇はない。

そんなことしてると、今ある大事なものや、小さな芽まで見落としてしまうよ。

たくさんの奇跡や偶然や幸運や努力や人の気持ちや、そういうものの上に今がある。

感傷でそれらを忘れてしまったらいけない。忘れたら、その瞬間から失われ、幻の仲間入りだ。

今を見据えたい。
二度と戻らない過去よりも
二度と戻らない今を。

今とは、常に選択肢の繰り返しだから。今この瞬間の選択次第で未来は変わる。


大事なものは、分かってるんだ。
それを大事にしていきたい。
posted by oomorigenki at 20:47| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨だね

image/zanzow-2009-02-23T11:16:47-1.jpg★通販(振込み済みの方)
2/19までに振込み頂いた分は発送いたしました。
それ以降分については後日発送となります。

★ラストワルツ、訂正ジャケ無料送付のお知らせ(再告知)

印刷の品質設定を改善したものを無料配布いたします。
(従来のものは、印刷面に触れるとインクが手に付着してしまうものでした、申し訳ありません)

歌詞カードなしは変更ありません。

<対象者>
2/28 下北沢QUEライブ時に購入頂いた方のみ。(それ以降の販売分はすでに改善済みです)

<引き渡し方法>
◆郵送での引き渡し
zanzow@livedoor.com 宛てに住所とお名前を書いたメールをお送り下さい。(送料もこちらで負担いたします)

※お預かりした個人情報は、この目的にのみ使用し、発送後1ヶ月以内に削除します。


◆ライブ会場での引き渡し
〜大森元気ライブ〜
●3/22(新たに決定!)荻窪ベルベットサン
●4/6青山ツキミル
(ソロでの出演、競演は中川五郎、沢田ナオヤほか)

〜その他〜
●2/23モナレコードにてライブ観覧予定(出演はしません)
●3/26モナレコード5周年イベントに参加予定。
●4/5昼 青山ツキミルにて泰山に遊ぶ レコ発ワンマンにゲスト参加予定。
●5/10(未確定) セブンスフロアにてキオクノオトのレコ発ワンマンに参加予定(未確定)

その他、もう少しは増えると思います。

お手数ですがよろしくお願いします!!
posted by oomorigenki at 11:16| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

訂正の訂正

誤)あさって月曜です

正)明日月曜です


疲れてるなー、、(苦笑)、
posted by oomorigenki at 17:18| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

訂正

誤)2/21 モナレコード観覧

正)2/23 モナレコード観覧


あさって月曜です。
posted by oomorigenki at 16:57| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★通販とラストワルツについてのお知らせ★

★通販ご注文の皆様

<振込み済みの方>
発送が遅れていて申し訳ありません。
今夜、帰宅次第必ず発送いたします。

<確認メールお待ちの方>
こちらも今夜対応予定です。
(万一、明日朝まで待っても返信がない場合は、メール設定を再度ご確認の上お問い合わせ下さい)

★ラストワルツ、訂正ジャケ無料送付のお知らせ

印刷の品質設定を改善したものを無料配布いたします。
(従来のものは、印刷面に触れるとインクが手に付着してしまうものでした、申し訳ありません)

歌詞カードは引き続き入っておりません。ご容赦下さい。

<対象の方>
2/28 下北沢QUEライブ時に購入頂いた方のみ。(それ以降の販売分はすでに改善済みです)

<引き渡し方法>
◆郵送での引き渡し
zanzow@livedoor.com 宛てに住所とお名前を書いたメールをお送り下さい。(送料もこちらで負担いたします)

※お預かりした個人情報は、この目的にのみ使用し、発送後1ヶ月以内に削除します。

◆ライブ会場での引き渡し

大森元気ライブ
●4/6青山ツキミル
(ソロでの出演、競演は中川五郎、沢田ナオヤほか)

その他
●2/21 モナレコードにてモノノフルーツライブを観覧予定。

●3/26 モナレコード5周年イベントに参加予定。(夜か深夜かは確認中)

●4/5昼 青山ツキミルにて泰山に遊ぶ レコ発ワンマンにゲスト参加予定。

●5/10(未確定) セブンスフロアにてキオクノオトのレコ発ワンマンに参加予定(未確定)

その他、もう少しは増えると思います。

お手数ですがよろしくお願いします!!

にしてもラストワルツ、いい作品だよね!!ハッシーとじゅんじゅん、最高だった!!僕のレスポールもかなり熱い!
いいバンドだったなあと。
あのミニアルバム、今までの作品で1番好きかも?!

あれを越えるバンドを作らなきゃね。
posted by oomorigenki at 08:55| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

え芸術?

image/zanzow-2009-02-21T07:28:51-1.jpg芸術って書いたな、嘘嘘。

流行やインパクトに左右されないもの、それを飛び越えるくらい説得力のあるもの、そんなニュアンスを言いたかったんだけど、的外れだったな。


芸術ってなんだろね。

バッハ、モーツァルト、ベートーベン、、

バーンスタイン?

クレーダーマンは?

服部良一は?

ブライアンウイルソンは?
ビートルズは?ストーンズは?

サザンオールスターズは?

フジファブリックは?

木村ひさしは?



芸術、、

考えれば考えるだけわからなくなりそうだからやめよ。

とにかくさ
自分と音楽とが、どれだけ対面できるか。向き合えるか。

余計なことはもうあんまり考えないでさ、それを突き詰めたいなと。


自分はどこまで向き合えるだろう。
どれだけ音楽が好きだろう。
posted by oomorigenki at 07:28| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

春にまつわるあらゆる感情と事柄(2/16ライブの振り返りも兼ねて)

image/zanzow-2009-02-19T02:40:46-1.jpg春が来ると「Everybody has the Blue」を歌いたくなる。

「4月のことば」と同じくらい(かそれ以上に)僕はこの曲に春のさまざまな、あらゆる感情を感じ、歌わずにはいられない。

そして歌えば必ず、とてもたくさんの春がよみがえり、そしてこれからの季節に胸がぞわぞわするのだ。


「春には歌わないと」
「春の人だから」
「稼ぎどきじゃん(笑)」

何人かの人に、最近次々に言われた。

そうだ、春の歌ばかり作る。
(雨の歌も多いけど)

春には毎年のようにアルバムを出してきた。

春の人。

春は、僕にとって特別な季節。
1つや2つの理由じゃなく。
数えきれない事柄が、すべてそこにある。それで、心がはしゃいだり、和んだり、ぐらぐらになったりする。

春のそわそわは、
期待と不安と、
喜びと、うかれと、
不安定と勢いと
得体の知れないパワーと
後悔と肯定と、
感動と哀しさと
欲望と、
酔いと、倒錯と、
懐かしさと、期待と、
思い上がりと自己嫌悪と、
正しさと過ちと、それの混ぜ合わせと、
幸せと刹那と、夢と、幻と、
どろっと濃い圧迫感と、

やっぱり春はあらゆるものを含んでいる。

桜の満開する様や、
春の兆しの風の香りは、
一見美しいが、よく考えると異様で異常だ。

思春期の性欲のように、
というよりも、花は、植物にとっての性欲そのものだから、
そのエネルギーと魅惑は生々しくもあり、グロテスクでもあり、圧倒されそうなくらい濃厚だ。

桜が咲いてしまえば、そこは夢になる。

よく酔いどれた帰り道、真っ暗な道に桜が満開で咲いているのを見て、その非日常に驚いたかと思えば、酔いのせいでそれが当たり前であるかのような錯覚に陥るけれども、そのときやはり自分自信が春という夢のなかにいるから、というよりも、自分も春の一部なんだなあと思えたりもする。

そしてすぐに春は終わり、次の春が来るまでその感情には出会わない。
1年ぶりにそれを思い出し、その濃密さに、心がざわつき、うかれたり哀しくなったりする。

とにかく、

真夏の夜や、秋のせつなさ以上に、春の気分は僕の頭を幸せにし、おかしくもさせるのだ。

それで春が来ると「Everybody has the Blue」を歌いたくなるのだ。



遅くなりましたが、16日渋谷HOMEに見に来てくれた皆さんありがとうございました。

直前に3本ライブあったから、自分や常連さんに新鮮さを、かといって初めて見る人にも届くようなステージを、と考えてたら、もう選曲に本当に迷ってしまって、リハでやった3曲はすべてやめたし、リハ後に何度もセットリスト考え直して、本番の10分前にも1曲差し替えて、結果、あーやっぱり間違いなかったと思えるライブになりました。
何故なら、やろうか迷って、結局やった曲(3曲くらいある)が、それぞれ、いろんな人に褒められた曲となったから。


初めて見る人にも―と書いたけど、実は考えすぎて、タイバンのお客さんの好みとか予想し出したらもうキリなくなって、最終的に、拒絶されてもいいから今日本当に歌いたい歌を歌おうと思った。

このライブに限ったことではないんだと思う。

きっとこれからの僕の活動の、大きな大きな指針となったライブだ。


もう好きなことしかやらない、というのとはちょっと違う。

ポップな曲だってやる。
もちろん、どうにかして届けていきたい。

それは変わらないけれど、

なんていえばいいのかな、


言葉にするのは難しい、、



いま20通りくらい説明を考えたけど、どれも正確には伝えられないから今日は書かないどきます。


なんとなく言うなら、流行よりも芸術を。

でも小難しすぎるのは違うと思うし、、

やっぱり言葉には出来ないや。

自分のなかでは迷いはずいぶん晴れたのだけどね、それをうまく説明できないや。



バンド・ソロあわせて、しばらくライブ空きます。

でも休むんじゃなくて、ソロ音源つくって、バンドも再始動にむけて動いて、いろいろやろうと思ってます。

「なので変な噂ながさないように」
笑ってMCで言ったけど、そうだな、みんなに期待してもらえるような、春の気分みたいに、わくわくしてもらえるような音楽や活動方法をね、やっていきたいと思ってるのです。

さて
どんな春が来るかな。



★2/16 セットリスト
1.流れる(作った頃ぶり)
2.真夏のあの子
3.窓(新曲)
4.雨の中、女の子
5.自己嫌悪のブルース
6.Everybody has the Blue(1年ぶり)
posted by oomorigenki at 02:40| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

補足

「パウンチのふたりも出るし」

→タイバンって意味です、一緒には演奏しません。念のため。
posted by oomorigenki at 08:12| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

明日ライブ

Image1102.jpgこれ、俺っぽくね?


さて、明日渋谷HOMEにて。
出番ラストですので、仕事帰りにでも是非!!

バンドもソロもしばらくライブなくなりますので、是非見に来て下さい!!


パウンチの2人も出るし、楽しくなりそう!
posted by oomorigenki at 15:59| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2/13月見ルにて想う(久しぶりにたくさん呑んだ夜でもある)

Image1109.jpg東京ローカルホンクは、演奏技術が完璧なのと同時に、どこまでもバンドで、本当に本当に興奮したし、うらやましくも思えた。

先週、アンコのしゅうちゃんと話してて。ホンクがいるから、うちらがこの後年齢を重ねても何をやればいいか迷わないで済むって。(ってそこまでホンク、年寄りじゃないけどね)

モノノフルーツのトミーと僕は酔った勢いでフロアの最前列でホンクのライブを堪能。
まんまえで見るなんて、他のバンド含めても、何年ぶり?って感じで。スピーカーじゃなくてアンプの音が直接聞こえてきて、バンドの息遣いが手にとるようにわかってさ、超興奮した!

最前列で目を輝かせてステージ見上げる二人はさ、なんだか音楽に出会ったばかりの中学生みたいだなって思った。

あの感動、初期衝動。

わくわく感。


バンドって本当最高だよな。

ホンクに、そのバンド感の秘訣を聞いてみようかと思ったけど、あまりに野暮で0.2秒でやめた。

リハスタの時間まるまるミーティングになったり、毎回ライブ前のサウンドチェックは4人全員が機関銃のようにあーだこーだ言い合って音づくりしていったり。
そんなのはきっとほんの片鱗で、もっと深くて大きなところで彼らはバンドをしている。

最強なんだ。


僕も今から見つかるだろうか。
見つけたとして、それが出来るだろうか。

しなきゃだめだな。

そのためにここにいるんだものな。
posted by oomorigenki at 15:02| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

東京に戻ったら春だった

Image1103.jpg東京に戻ったら完全に春の匂いがしていて、とにかくいろんな感情がどっと溢れ出た。

すぐにまた寒くなるのかもだけど、もう梅も咲いてるし、早咲きの桜だって咲き始めて、着実に春は来ている。

大好きな春。
切ない春。
春にしかならない特別な気分、
特別な匂い、特別な季節。

忘れてたことをたくさん思い出し、
まだ見ぬ新しい春に胸を膨らませ、
わくわく、そわそわ、そんな気分。

今度の春にはいったいどんなことが待ってるんだろう。



さあ明日(というか今日)ライブです。

月ミルで出番トップだそうです。(19時〜)
エレキで弾き語ります。
新曲CDR、オススメです(新たなソロの方向性!?)
タイバンも強力です。

是非!!
posted by oomorigenki at 03:07| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いつもの街

Image1099.jpgバックビート来てくれた皆さんありがとうございました!!

前日のクラブジャングルとはまた違った感じのライブになりましたねー

知らない人にも見てもらえて、でも自分のペースで歌えて楽しかった!

またエレキ弾き語りの評判が良かったから、もう少し続けてみようかな。

積み重ねることで、また違うものが見えてくるんだろう。


アンコ邸→バックビート→スミゲン→公園→クアハウス といつものコースをたどり(いつもと同じ鶏刺しの写真を撮り)、朝神戸を発ちました。

季節や時間をめぐりながら、いつもの街へ歌いに行く。

自分も、歌も、どんどん変わっていく。街や、そこにいる人たちはそんな僕を迎え、見届けてくれる。

なんかそんなことを考え、そういうのって、あーいいなあと思ったのでした。

次は未定だけど、なるべく早く予定いれたいと思います!

本当にありがとう!!
posted by oomorigenki at 02:57| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

窓をあけてくれるなら君を抱きしめよう

Image1080.jpgライブだといろんなことを口走るな、、

せっかく始めたエレキの弾き語りをもうやらないと言ってみたりさ。
でもその直後にやった「ラストワルツ」がめちゃくちゃ気持ちよくて、自分だけかと思ったらお客さんにもぐっと来たと言われて、やっぱりエレキも悪くないなと思ったり。


昨日の日記の続きだけど、ソロは、今まで以上にソロの世界観を突き詰めようと思ったのです。

アコギとピアノと歌。

今月の新曲デモは、その3パートしか入ってないけど、とても濃い世界観になりました。

1枚ね、この世界観で作品を作ろうと思います。


でバンドは、早く再始動して、今までみたいな、バンド観を突き詰める。

ソロはソロ、バンドはバンド。
今までもそうしてきたつもりだけど、それを追究したい。

(さらに言うと、ソロは、僕が愛しすぎてやまない、ストレートなフォーク、じゃないものを敢えてやりたいなと。フォークはフォークでも洋楽っぽいフォークの世界観を。)


今夜のライブは、
そう言う、ソロっぽいアシッドフォーク的なコーナーを盛り込みつつ、アタマとケツは、バンド3人分を1人で背負う感じで、ロックンロールショー。

今夜は、そのバランスも、音づくりもよかったみたい。

作品は、ソロとバンド、二極化させつつ、
でもライブは、バンドが再始動するまではバランスよくやることになるんだろうな。

バンドあってのソロ、
ソロに対するバンド。


それにしても今日は気持ちよかったよ。
そういうときに限って、録音の電池切れ(自分のせい)。

いいさ、
明日は今夜以上のライブにすればいい。


(セットリスト記載は後日)

かおりちゃんも杉瀬さんもみともくんもよかった。本当、すばらしい夜だ。
posted by oomorigenki at 23:37| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

プチツアーです!

Image1069.jpgさあ大阪〜神戸プチツアーの始まりです。

渋谷7thフロアでのくりすあすかサポート出演を終え、その足で深夜バスに乗り込みました。


今回の月がわりデモは実はかなり苦労しました。

演奏じゃなくて作るのが。

バンドがとりあえず休止になって、じゃあソロで何をやるべきなのかと。

エレキギターで1人でもバンドっぽく爆発するのか、逆に今まで突き詰めて来たようなフォークを探求するのか。

その結果みえてきたものは、

うん、あんまり言葉では説明しないほうがいいかな。

とにかく、その世界観の切り口を、今月のデモで見つけ出せたと確信しました。


あ、これは音源の話しで。
ライブは、今までの曲や、出たばかりのCDの曲を中心にやっていこうと思います。

エレキでの弾き語り、
レアなので是非見に来てね。



★☆★ライブ予定★☆★
(すべてソロ、現在はエレキギターで弾き語り中)

●2/10(火)大阪・心斎橋club☆jungle
『HAVE A NICE DAY』
大森元気(fr.残像カフェ)/ みとも(fr.空団地)/ 杉瀬陽子 / はせがわかおり
※月変わり新曲CDRプレゼント!!

●2/11(水・祝)神戸バックビート
大森元気 / くりすあすか / WATER BUS / 阪東美穂 / Cante
※月変わり新曲CDRプレゼント!!

●2/13(金)青山・月見ル君想フ
大森元気 / 東京ローカルホンク / 真黒毛ぼっくす / たゆたう(京都)
※月変わり新曲CDRプレゼント!!

●2/16(月)渋谷HOME
shibuya HOME 1st anniversary
"はなすようにうたおう 〜にじゅうきゅう〜"
大森元気(残像カフェ)/ カナダマサカズ / 青木拓磨+成瀬考治(パウンチホイール) / エリーニョ(獏)
※月変わり新曲CDRプレゼント!!
posted by oomorigenki at 23:55| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

会合

Image1073.jpg一年ぶりの中野で謎の会合。うそ。ちゃんと音楽の話し(をきちんと終わらしてから呑みへ)。

かつて通いつめた中野も本当久しぶり。そこそこ飲んで、酔っ払うのも久々で、なんだか懐かしいような楽しさで。

ビジネス(…て書くと大袈裟だけど、いや、大袈裟にビジネスとして成立させていかなきゃダメだよな。)の話しをしたS氏と、その彼を紹介してくれた葉谷くん(何度かアー写を撮ってくれている写真家であり、友人)。

3人はそれぞれ熱い話しをし、下世話な話しもし、内臓食っちゃ、マッコリを飲んで、いい感じで別れたのでした。

息も身体も臭っ、、


今日も明日も休みだったらいいのに、と口に出してみたけど、そんな甘いこと言ってらんねーなと思うようになった自分はやっぱり大人になったのか、芸術家ダマシイをなくしてしまったのか。

いやいや、そんなことより通販の発送がすぐ出来なくてごめんなさい。
今日も無理なのだけど、明日必ずやります。
posted by oomorigenki at 11:12| Comment(3) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

立春

Image1066.jpg気のせいじゃないよ
確かにしたんだ、春の匂い。

曇り空の下ふく風のなかに。


重ね着大王の僕だけど
1枚減らしてみたよ。

色も明るい黄色にして。

春は来るんだ。


春の気持ちを僕ら忘れている。

待つだけじゃなく
想像しなきゃ。

あの匂い、あの温度、
風の感じ、
桜のまち。

もうすぐ春は来るんだ。

僕らはもうその始まりにいるんだ。
posted by oomorigenki at 17:26| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日から春です

Image1065.jpg自慢じゃないが、実家を出てからも11年連続で豆まきは欠かしません。

なんたって季“節”の“分”かれ目、そして明日は立春。

来たる春の入り口で、僕らはそれを待ち焦がれ、祝うのだ。

今年はいつになく厳しそうだけど、いつになく僕はタフになろうとしてる。
だからきっと大事な大事な年になるだろう。

厳しい寒さのむこうに
素敵なことがたくさん待っているだろう。

そうしなきゃダメだろう!
posted by oomorigenki at 01:15| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

隠居しません

Image1063.jpg真っ白になるかと思いきや、やっぱりというか、期待どおりというか、やっぱりバンドがやりたくて早速ウズウズし出しています。

ラストライブが終わるまでは、あえて先のことを考えないようにした。

1年半の残像カフェのみならず、8年間の残像カフェのしめくくりのつもりで歌いました。なるべく力まないようにしたつもりだけど。

様々なシーンが浮かんで、涙が出そうになった。

8年間、残像のことばかり考えてはあーだこーだ悩んだり感動したりしてきたからね。

ここからどこへ?


本当に、これで残像カフェを終わらすのか、それは終わってから考えようと思った。

いずれにしても、ソロユニットから再び3ピースとして活動したこの3人編成に僕は賭けていたから、また次にメンバー探して、グルーブを固めて、っていう作業を考えると、もう、ちょっとひと区切りして、それから考える以外にないなと。


ハッシーとじゅんじゅんと僕。
この3人で始めたとき、演奏のうまい下手を超越した「何か」をはっきり感じることができた。

得体の知れないもの

未知数

魔法。

そんな表現をしてしまうほど、ダイヤモンドの原石のような、そんな予感がしたんだよ。


もちろんソロユニット時代の数々のコラボレーションにもそれぞれ魔法はかかっていたけれど、この3人の魔法は、僕が求めて止まない種類の魔法だったのだ。しかもそれは発展途上で、未知数で、そのわくわくったらなかったのだ。


色々な曲、色々な出来事を経ながら僕らはここまで来て、そして、解散した。

理由はいくつもあるけれど、結局、タイムリミットだったと言うことだ。たくさんの意味で。

僕らは、笑顔で握手して別れたし、また一緒に音を出すことだろう、必ず。



8年間走り続けてきて、メンバーやサポートが抜けるときには、すぐに次の展開を考えたし、曲をたくさん作り続けて来た。
それはまるで止まったら死んでしまうマグロのようでもあり、けれど自らそうしたい、転がり続けていたい自分のモチベーションも後から後から湧いて来たから、辛さもバネにしていつも前進してきた。

だから、いつもの僕なら、ラストライブよりも前に色々考えて、次の行動を起こしていたことだろう。

事実、あれやこれやと様々なアイデアが浮かんでは、あちこちに散らばっている。

何度か書いたけど、今回はそれらを散らかしたまま、あえて決めずにいようと思った。

この1年半の3ピースはそれくらい僕にとって大きくて、大きすぎて、もうその最後のライブをやりきる体力しか残らなかった。
さらにライブ当日にミニアルバムを発売しようなんてことになったから、そのミックスとデザイン作業に追われてしまって。たからもう怒涛だったなあ。
とてもじゃないけど、もう先のことなんて考えられなかったんだ。



ラストライブを終えてもうじき1週間が経とうとしている。


とても静かな気持ちで、僕のなかにふつふつと湧いてくるものを確かめる。

最初から分かっていたことだけど、僕はバンドをやめられない。


解りきっていたけど、それを確かめたかったし、疲れ果てた今、本当にやりたいって気持ちを、きちんと実感したいと思った。

それからでも遅くはないはずだ。

いろんなことがごちゃまぜになりすぎて、僕は彷徨ってきたし、無茶もして、消耗した。
足りなかったものもたくさんある。

音楽をやめるとしたら、今だったのかも知れない。

けれど、やめられないことは明白だ。


けれどこれからは、若さにまかせて、すべてを犠牲にして、未来から借り物をしてボロボロになりながら音楽を続ける、そんな活動はもう出来ないかなあ。

きちんと地に足をつけて、自分の大事な音楽をやりたい。

音楽的にこぢんまりするって意味じゃないよ?
大事に、そして、ぎらつきながら、これからの音楽人生をリスタートしたい。


バンド、やります。

メンバー募集してます!!
posted by oomorigenki at 16:26| Comment(1) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。