2009年10月31日

00年代とベスト盤ぽい選曲で歌った夜のこと

Image1851.jpg

1.3月のシーン
2.4月のことば
3.さよならナンバー
4.朝(withマッキン)
5.台風一過(2004年作品、ライブ初披露)
6.あたらしい日々


すべて残像カフェ初期メンバー時代の曲(+その頃の未発表曲)でライブ。こんなのは久しぶり。いや初かな。

初期メンバーが抜けてからも時々は歌ってたはずなのにとても懐かしった。そして色んなシーンがよみがえり、色んな人や、街や、時代を思った。


マッキンが僕のライブを見ながら、「00年代」の音楽シーンについて考えていたそうだ。

そうか、今年は「00年代」の終わりの年だ。

60年代、70年代、80年代、90年代。国内・海外問わずそれぞれに強烈な色があり、シーンがあった。

00年代。どんな10年だったのだろうか。

一言で言えば、iPodの普及した10年。
一言以上で言えば、そのことにより、音質やパッケージの価値が下がり、音楽を無料で手に入れられるようになり、市場が崩壊していった10年。

シーンのなかで、残像カフェがどんなふうに写っていたか――は自分じゃ分からないけれど、こうやってベスト盤的な選曲でライブをしてみたら、あの頃のシーンが次々と思い浮かんだ。

残像カフェの結成が2001年。
00年代とともに歩んできたんだなあ。

次の10年はどんな時代になるか。

そんなこともマッキンやシーナさんたちと話し合ったりしてました。

音楽って楽しい。

それさえ忘れなければ大丈夫。

そして、それが伝わる感じがいい。


だからリハなしで突然ベースを弾いてくれたマッキンに感謝。2年ぶりの共演、楽しかった。
posted by oomorigenki at 08:01| Comment(1) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

緑ピーマンが枯れながら赤くなった。

Image1840.jpg

紅葉みたいなもん? びっくりです。


明日ライブです!それから11/3も決定しました!
この2本やりきって少しお休みしますので是非是非是非お越しください!!競演もみんな濃いです!熱く燃えます!!

●10/29(木) 渋谷7th Floor
宇宙遊泳 / シーナアキコ / 大森元気(残像カフェ)/ tonee The 606
18:30/19:00 ¥2300/¥2800(D別)
※大森元気で予約の方に月替り新曲デモプレゼント!!


●11/3(月・祝)池ノ上・ルイナ(旧ボブテイル)
※下北沢の隣駅、池ノ上徒歩0分!
http://music.geocities.jp/pajan_rock/
藤原マヒト/大森元気(残像カフェ)/倉谷和宏(旭荘201)
¥2000/当日未定 19:00/19:45
※予約特典については後日告知します
posted by oomorigenki at 13:07| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

黄金町と今週・来週のライブについて。

Image1831.jpg

平日にもかかわらず黄金町きてくれた皆様ありがとうございました!!

関東でのツーマンは久しぶりでしたねー。いろいろとたっぷりやりました。オザワさんの弾き語りもよかったなあ!

★セットリスト(アコギでやりました)
1.君/ニューバージョン
2.沖のヨット、2つの飛行機雲
3.朝
4.戦争は知らない(フォーククルセダーズ)
5.悲しくてやりきれない(フォーククルセダーズ)
6.さよならナンバー(数年ぶり)
7.海岸列車
8.日なたにて
9.君とカフェオレ


次回は10/29セブンス。シーナさん、宇宙遊泳、それから初顔合せのToneeThe606さんと。

その後「年内ライブなし」とお伝えしましたが、もしかしたら11/3(月・祝)に都内で決まるかも知れません。

ただしまだ仮ですので決まり次第告知します!!



その後については、ライブでも言いましたが、しばらくライブ休みます。(しばらくといってもそれが1ヶ月か半年かは未定です)


とりあえず、10/29、それから11/3仮、両方とも是非見に来て下さい。





最近きづきはじめてるのは、初期メンバーの残像カフェが「青春」だとしたら、第2期以降の残像やソロは「生き様」なのかなあと。

そんな気がするんだよねぇ。

それは、おとといのクリンゴン復活ライブを見てもおんなじだったなあ。

青春はね、いつか終わって二度と戻らない。もう遥か彼方にある(もしくは懐古だ)、いま僕は生き様を見せつけるしかないんだ。

父の背中を見て子は育つように、僕は何も言えない。何も決定的なことは出来ない。けれど、苦悩も醜さもすべてさらけ出してさ、僕は僕の生き様を見せるしかないんだ。

今こそそうすべきだと思うし、今の僕に関しては、そこからしか何か強いものは伝わらないんじゃないかと思うんだ。

他にたくさん悩みはあるけれど、それに関しては吹っ切れたかな。

ライブ、是非。
posted by oomorigenki at 00:25| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

アイスキャンディー、そして



icecandy_jpg.jpg


日付かわりましたが、今日はいろんなことがありました。

とりあえず、トップページ、更新しました。
8月に発売したソロ第2弾「アイスキャンディー」の情報&ジャケをアップ!!

製作が難航してますが、PVも作ってます!!


さて。


もう固まっていたこと、
けど実行に移せなかったこと。

一歩踏み出したら、途端にびっくりするくらいうまく進んで、まだ実際には何もしてないのに、心につかえてたものが晴れた、気がした。

もっと早くそうするべきだった、
と思いかけたけど、ここに至るまでの様々な出来事や今日のタイミングを思えば、やっぱりこれだけの時間は必要だったっていうことか。

人生はまわり道だらけ。
でも
無駄はないってか。


なんのこっちゃ、今日の日記。

近々きちんと書きますね。
posted by oomorigenki at 00:56| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

明日ライブですよ

更新もコメントも出来てなくてすみません〜

明日、横浜でライブです!

競演はサンゼンのオザワさんです!(バンド→弾き語りに変更になったみたいです)

1930スタート、順番は未定ですがツーマンなので、持ち時間長めです!!

年内ライブわずかなので是非とも遊びに来て下さい!!
posted by oomorigenki at 08:55| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

朝が来ればすべてが終わってしまうから(「 boys & girls」Somebody meets the Waltz)

Image1807.jpg

Image1812.jpg

Image1814.jpg

楽しかった。

というか、だんだん物凄く楽しくなった。

オールのクラブイベントのときは毎回そう。

初めは居場所がなくて、居心地が悪くて、もうどうしようかと思う。外に出ちゃったりとか。

けれどイベント終わるころには、みんなが通じ合ってるように思えて、みんなが踊ったり笑ったりしているのを見ているだけで幸せになれて、それで、朝みんなと別れるのが寂しくなるんだ。

クラブイベントは、出演を依頼されたとき以外には行くことはないけれど、それでも毎回楽しんで、名残り惜しく帰るよ。

今日もそうでした。

タイニーレコード/メロディックサンシャインの皆さん本当に本当にありがとう。


もう1つ書いておきたいのは、みんながすごく力をくれるってこと。

たとえば、
「出てくれるなんて思ってませんでした」とか
「マジ泣きしました」とか
「高校の頃から聴いてました」とか
実際に言ってもらえる。

で自分はそこまで大したやつじゃないことは自分が1番わかってるけど、その期待に応えたいと思うことで、いつもは出せないパワーが出る
それがすごく大事だと思うのね、自分的に。

この前の日記じゃないけど、みんなが敵に思えたのに、歌い終わってみるとみんな感動してくれて。それは同じくらい(それ以上に)僕も感動する。そして力が湧く。

11月、ライブお休みします、と決めたことが恥ずかしく、馬鹿げているように思ったよ、今日は。それくらい力をもらって、いろいろ感動して帰路に着いたのです。

みんなありがとう。

「朝が来れば すべてが終わってしまうから
 朝が来れば 魔法はとけてしまうから」

でも、また素晴らしい夜は来るし、今日のこの気持ちはきっと消えないよ。


1.テーマ(数年ぶり)
2.boys & girls(1年半ぶり)
3.over the rainbow
4.悲しくてやりきれない/レゲエバージョン〜加藤和彦に捧ぐ〜
5.白い夏
6.君/ニューバージョン
posted by oomorigenki at 17:57| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

本日のタイムテーブルです。

加藤和彦急逝に驚きが隠せない、、しかも自殺だなんて。つい1ヶ月前、つま恋でライブ見たのに。

悲しくてやりきれない、イムジン河、あの素晴らしい愛をもう一度、そしてミカバンド。
また音楽界の重要人物がいなくなる。本当にやりきれない。

オラハシンジマッタダー
って得意のブラックユーモアで笑い飛ばしてほしい。

さてそんな中、今夜オールナイトイベントで歌ってきます。エレキ予定。タイムテーブルです。

0:00- ムコウダタクロウ
0:30- shigewo
0:45- 八木橋一寛
1:00- 江原優
1:15- THE HAIKUS(LIVE)
1:45- shigewo
2:20- 大森元気(LIVE)
2:50- 八木橋一寛
3:30- THE QUADROTIC HAZE(LIVE)
4:00- 江原優
4:40- Back To Back
posted by oomorigenki at 19:57| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トロカデロハウスと泰山に入っての1ヶ月半のこと。

Image1803.jpg

泰山に遊ぶ恒例の(僕としては夏以来2度目の)トロカデロハウスでした。前回は灼熱のライブとなりましたが、今回はさすがに・・・と思いましたがやっぱり最後は熱かった!それも含めやっぱりマジックの起こる場所です、トロカデロハウス。2ステージ、そしてフレンチが出てくる打ち上げまで濃ゆい一日となりました!!!

★op act:くりすあすかステージに全5曲参加。
※エレキギターとマンドリンとコーラスで参加。
くりす氏のソロライブ自体ひさびさでしたが、なかなか手ごたえありのライブでした。緊張してたみたいだったけど、当日まで作っていた新曲がすごいよかったし、ソウスケ氏のバイオリンを迎えた「風景ガール」も新境地で楽しかった!!

★シークレットゲスト をはさみ、、(後ほど追記予定)

★泰山に遊ぶ
胡同(フートン)の生活 / 月 / 石鹸の悲劇 / 上海ナイトクルーズ /
雨の香港 / 海南島 / チャイナタウン / 紅の女
※エレキギターとコーラスで参加


 ♪


前回のトロカデロは8月で、そのときは前ギタリストの土岐君とアコーディオンのキコリさんが卒業ライブで。で僕はバンジョーでのサポート参加からちょうど正式加入が決まって、初めてエレキギターを持っていった日でした。あれからたった1ヶ月半しか経ってないけど、その間に7回(僕参加は6回)もライブがあって、リハやミーティングや打ち上げもたくさんあって、ずいぶん濃い1ヶ月半でした。

最初は土岐くんのフレーズをなぞることで勉強し、そのうち自分の色をどうバンドに生かすかを考え、「ボーカルギター」と「ギタリスト」というのは全く別物だと痛感し、逆に歌いながらでは出来なかった個性も追求したり、そして、ここ最近でやっとバンドと一体化する瞬間を味わい始めています。加入の頃に日記に書いた、「自分 対 バンド」ではなくて、「音楽の中の一部となること、音楽と一体化すること」それが出来始めてきたような気がする。

まだまだ課題はたくさんあるけれど、本当に濃い1ヶ月半で、その間にたくさん学んだし、僕自身も、泰山もすごい勢いで変わってきたのかなーと思う。

きのうのトロカデロは、本当そんな感じで、ライブ中は我を忘れてめいっぱい楽しみました。映像撮ってたのかな?見たら恥ずかしいくらい盛り上がっちゃってます。

次回ライブは10/31@月見ル君想フ。ricca企画、土岐くんや春風堂マッケンのソロステージもあります。泰山、ガッツリやりますので是非!!!


 ♪


で。
その前に僕のソロライブがありますよ!!

そんなに空いてはいないのだけど、泰山が超多忙だったため随分久しぶりに感じる!!

まずは日付変わって本日10/17の深夜。(オールナイト)渋谷tangerinにて。
そして10/23@横浜黄金町試聴室。サンゼンの小沢くんとのツーマン。
さらに10/29に渋谷7th floorにて。シーナさんや宇宙遊泳と一緒です。

今のところこの3本だけで年内ライブ決まっていないので是非に是非に!!


●10/17(土・深夜) 渋谷 tangerine(www.tangerine.ws
TINY RECORDS主催イベント“MELODIC SUNSHINE”(http://m-sunshine.jugem.jp/)
出演:HAIKUS(http://www.myspace.com/thehaikus9) /
THE QUADROTIC HAZE(http://www.myspace.com/quadrotichaze) / 大森元気
24:00〜5:00(オールナイト公演となります)
料金未定 ※大森元気で予約の方に月替り新曲デモプレゼント!!

●10/23(金) 横浜・黄金町 試聴室
サンゼン / 大森元気 (2マンなので長めです!!)
時間・料金未定 ※大森元気で予約の方に月替り新曲デモプレゼント!!

●10/29(木) 渋谷7th Floor
宇宙遊泳 / シーナアキコ / 大森元気(残像カフェ)/ tonee The 606
18:30/19:00 ¥2300/¥2800(D別)
※大森元気で予約の方に月替り新曲デモプレゼント!!

すべてのご予約は zanzow@livedoor.com にて承ります!!


posted by oomorigenki at 01:53| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

白麒麟

Image1796.jpg

白だね〜、冬だね〜!!

今年もあと2ヶ月半。
あっというまだから、いろいろ急がねば、、。



さて泰山は、前日のダブルヘッダーライブを物ともしない勢いでスタジオ。新曲2曲を形にしました。

泰山の曲は、いわゆる定形的なポップソングとは違うので、メロディーが奇妙だったり、展開がいろいろあったりするわけです。

最初原型がブッダ氏の弾き語りデモで送られてくることが多いのだけど、それがまた個性的すぎて、(オルタナティブでかっこいいんだけど)最終的な形があんまり見えないのね。それで、メンバーたちはあれこれとイメージしながら曲を練っていく。

ブッダ氏の頭のなかで鳴っている世界観をさぐるのに一苦労、それを形にし、そこからまたイメージを膨らませたり、変えていったりする。

先が見えなくて途方に暮れそうなときもあるけれど、なかなか楽しい作業です。

今回の2曲は明日はまだお披露目できませんが早くかっこいい演奏を聞かせたれたらよいですなー

でとりあえず明日!!
トロカデロハウスでライブです!
濃いよー
濃いよー

来いよー  なんつって。

↓↓↓

泰山に遊ぶpresents「ヤッチャイナ・シークレットギャルド」
10/15@下北沢トロカデロハウス http://trocaderohouse.blog118.fc2.com/

泰山に遊ぶとスペシャルシークレットゲストの2MANライブ。
1500円は余裕で満喫できるプレミアチケット間違いなし!!
限定30席!!
ご予約はお早めにお願いします!!

出演:泰山に遊ぶ/シークレットギャル
op-act:くりすあすか

19:00開場/19:30開演  
\1500(前売り・ドリンク別) 当日\1800

予約は、http://taizan.xrea.jp/にて!!
posted by oomorigenki at 13:47| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渋谷屋根裏は思い出の場所、そして旅立ちの場所なんだ

Image1793.jpg

渋谷屋根裏は、残像カフェがCDを作るまえや、残像カフェ以前のバンドでたくさんお世話になったハコ。

残像カフェがCDを出すきっかけとなったライブもこの渋谷屋根裏で。

そのときは爽やかな曲なんて1曲もなくて、とにかく爆音で、それに掻き消されまいと歌う声は枯れてもなおパッションだけで絶叫を繰り返す、そんなバンドだった。
それを見てコアレコードはリリースを決めたというから、奇特というか、よく解ってるというか。

その後のポップな路線は成り行きとしても、やはり下手くそで痛々しくてもいいから爆音でどろどろのライブ盤を出しておけばよかったと思う。

あの頃は、お客さん1人もいなくてさ、バンド仲間さえいなくて、ライブは楽しむものよりも「戦う」というような感じだった。
「みんな敵」そんなふうに見えてね。

何回か書いたとおり、その後僕はたくさんの素晴らしいサポートメンバーに恵まれたけれど、演奏に「切迫感」や「殺伐感」や「ケンカ売る感じ」があったのは初期メンバー(および過去バンド)だけ。
それがいいことか悪いことかはわからないけれど、僕はそんな時代を懐かしく思うし、すごく誇りにも思う。

で、またバンド組むときはそんな魂を解り合える奴とやりたいなと。そんなふうに思う。

そんな渋谷屋根裏。


会場入りしたら、あの頃よくタイバンしていたような、レディオヘッドみたいなバンドがリハをしていた。

わかってもらえなくてもいい、ただやりたいことを突き詰める。愛想笑いなんて一切しない。

ポップなんてかっこ悪い、
売れ線なんてくそ喰らえ。

・・・今は一概にそうは思わないけれど、そう信じてたからこそ、規定値を越えるパワーが生まれ、楽譜に表せない音楽が鳴ったのだと思う。

そんな気持ちを取り戻したいと、ここ数カ月、強く強く強く強く思いつづけていた。

屋根裏は、僕にとってそういう特別な場所だから自然と魂がギラギラした。


泰山は昼の結婚式とのダブルヘッダーだったけど、まったく疲れのない、楽しいステージだった。

楽しさ。
そう、楽しくても戦える。

要は、反骨精神を忘れないこと。

課題はまだまだたくさんあるが、みんな自分と外とに向き合っていたんじゃないか。

そして泰山は長めのミーティングをして、今後に向けていろんなことを話し、それぞれが未来に思いを馳せた。

次のライブは3日後の10/15。
恒例の下北沢トロカデロハウス。せまいながら(だからこそ?)毎回マジックの起こる場所。

泰山はたっぷり演奏します。
それからシークレットゲストは「本物」の歌を歌える数少ないアーティスト。
さらに。オープニングアクトとして 泰山ボーカルでもある くりすあすかの久々のソロステージ。こちらにもサポート参加しますので是非!

濃すぎる一夜になることは目に見えています!!
posted by oomorigenki at 01:23| Comment(1) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

金木犀と結婚式

Image1788.jpg

友人の結婚式。
ライブセットを組んで、がっつり演奏もしてね、(僕は演奏はしなかったけど)楽しかった。

めでたいなあ。


金木犀の香りが街じゅうを包む。そんなまだ明るい穏やかな午後に帰ってきた。

数年前までは金木犀の匂いがどうしても好きになれなかった。トイレの芳香剤を想起してしまってね。

けれど今では大好きだ。

もう芳香剤なんて思わない。
9月でも11月でもない、秋の匂い。

イメージは塗り替わるのだ。
世界はみちがえるのだ。

それは自分次第かも知れない。

世界は、人生は、自分で切り開くものだよね。

おめでとう。


さて翌日(※つまり今日)も結婚式。
明日は演奏します。泰山で。

でそのまま夜は久しぶりの屋根裏でライブ!!
posted by oomorigenki at 21:34| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帰郷

Image993.jpg

実家に1泊だけ帰る。地元鹿沼の秋祭り見物を兼ねて。

両親や、じーちゃんばーちゃんや叔母に久しぶりに会い、ひいばあちゃん(僕が中学生のときまで生きていた)たちが眠る墓参りと、家の仏壇にも線香を。



新幹線を使わなくてもたった3時間で帰れるのに、若い頃はなかなか帰郷できなかった。

もちろん家族にはいつも感謝していたけれど、迷惑と心配ばかりかける申し訳なさと照れ臭さの両方で、足は遠のいった。忙しさにかまけて2〜3年帰らないこともあったし。


僕の20代は、身の回りのいろんなことそっちのけで、音楽のことしか考えてなかった。それに加えてずーっと心身ともに調子が悪かったから(説明すると長いので割愛)、なんか本当にもう、どうしようもない10年で、音楽を除けば救いようがなくて、だけど、たくさんの素晴らしい出会いがあったし、いつも家族は遠くから応援してくれた。ライブにも遊びにきてくれたり。



ここ数年はたびたび実家に帰っている。と言っても年に1回か2回。盆も正月も帰れてないから普通の人からしたらまだまだ少ないけれど。

実家に帰れば、中学や高校の頃の思い出があちこちに転がっている。まるで昨日のことのように。
だけど、あきらかに昨日のことではない。高校卒業からすでに12年半が経っている。中学入学から数えたら20年近い。うへー。

てことはそれだけ時はすぎたし、家族もそれだけ歳をとったということだ。

みんな元気でいてくれてる。
すごくうれしいことだ。
本当にラッキーなことだ。

早くちゃんとしたい。
次へいきたい。

けれど、片付けなければならないものがたくさんある。

早く親を安心させたい、
祖父母を喜ばせたい。

様々な犠牲や問題のために、大変な遅れをとった。相当頑張らないといけない。
すぐに始めなきゃ。
始めなきゃ始まらない。


いま僕は、僕の人生を、きちんと考えなきゃならない時だ。

本当に必要なものを見極めて、
あとは思いきって捨て去って、
甘えないで、
意志を持って、
歩き出さなければ。

今までの川を、浮かびながら流れてくだけでは、もうダメなんだ。



今回も、じーちゃんばーちゃんの、こぼれ落ちそうなくらいの笑顔と、両親(それから叔母)の気持ちに胸がいっぱいになった。

「ありがとう」と「ごめんなさい」を。

早く「ありがとう」だけ言える自分になりたいよ。


(写真)
地元で見つけた居酒屋。

読み方はやっぱり、、
「ワリカン」かな?

居酒屋だけにね。うける(笑。
posted by oomorigenki at 19:07| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

台風18号は金木犀の香りがした

Image1777.jpg

なんて悠長なこと言ってられなかったね。東京では交通機関の乱れ程度で済んだけど、各地でさまざまな被害があったようで、皆さん大丈夫ですか?


というわけで今月の予約特典曲「台風一過」です。

・・・実は今回、2曲とも過去曲でした。「毎回新曲を」という公約、スタート以来1年5ヶ月目にして果たせずごめんなさい。

とはいえ2曲とも未発表曲です。

ライブでも「台風一過」は片方は1回もやってないし、他方も1回のみの披露です。

出来てたのにやらなかった理由は、音源きいてもらうと分かるとおり2曲とも再現が非常に難しいから。でも別解釈でチャレンジしてもよかったかなーと今では思います。

今後めぐりあうメンバー次第では(あと僕の気分次第で?!)演奏する日が来るかも知れません。

あらためて今回読み直してみたら、どろどろさと比喩の共存のバランスがよいなあと。
これからの作詞によい刺激になりました。

〜〜〜〜〜

「台風一過」

(2004年作品/配布デモは2005年テイク)


台風一過の空は
なんだか遠くに見えて
なんだか冷たく見えて
さびしくなってしまった

台風一過の空は
すべてが綺麗に落ちて
あらわになってしまった
ここにはいられなくなった

ぜんぶ君に
打ち明けられたらいいな
打ち明けられたらいいな

あの庭先には 濡れた雨傘が咲いてる
どこまでも見えてしまいそうだから
少しだけ怖いよ


あの庭先には 疲れた言葉が落ちてる
通り過ぎた日々を 振り切りながら
空はただ碧いよ


打ち明けられはしないな
打ち明けられはしないな

ah 心が晴れてしまった
ah 心がはがれてしまった
ah 心が離れてしまった
ah 心が吐き出してしまった


台風一過の空は
なんだか遠くに見えて
君と話をしなきゃ
君と話をしなきゃ
posted by oomorigenki at 07:35| Comment(2) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

台風一過

Image1001.jpg

Image1002.jpg

マンガみたいな速さで雲が飛ばされていきました。朝の風雨から一転、台風一過。

近くを歩いてた人のすぐ目の前に、人間くらいの大きさの枝(何本にも分かれてる)が落ちて来て、かなり恐怖でした。その人がもしあと1メートル前を歩いてたら怪我してたよー

あぶなかった、、



というわけで、気持ちのよい昼休みです。このまま帰りたいねー。

今月の配布曲がちょうど「台風一過」なので、今夜にでも歌詞アップします〜。


そして週末は冬ぶりに帰郷しようかと。
posted by oomorigenki at 13:24| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

ソングラインありがとう!!

Image987.jpg

Image989.jpg

Image995.jpg

長岡京ソングライン、めちゃめちゃ楽しかった〜!!手拍子&コーラスしてくれた皆様ホントにホントにありがとう!!

数え切れない本数のライブを今までしてきたけれど、手拍子をみんなに強要(?)したことがあんまりなくてね。(自然発生と南風を除いたら1〜2くらいかもなー)

手拍子で盛り上がるのはもちろん素敵なことだと分かりつつも、自分の曲調とは合わないよなあ、嫌々やってもらうのは気が引けるなあ等と理由をつけながら、結局はやる勇気がなかったのかな?

それが自然に出来ちゃうくらい、とても気持ちよくて、お客さんも温かくて、それにリハも打ち合わせすら無しで演奏に参加してくれた岸やんと酒ヒロのお陰もあり、本当楽しすぎるステージでした!!

やっぱりライブするのが好き。
そして、人と一緒に音を出すのが好きだ。
一人で黙々と歌うのも好きだけどね、やっぱり一緒に音を出すっていうのは楽しいよね。


さあそれにしても去年に引き続きこんな大イベントを成功させたバーガーさんとスタッフのみんなに感服。
市や町内会、それから天満宮との話し合い、企画、運営、宣伝、本当に大変だったはず。

本当素晴らしいなあ。

いやあ、来年・再来年と続けて欲しいし、また出たいです!!


大森元気セットリスト
1.君(ニューバージョン)
2.沖のヨット、2つの飛行機雲
3.梅雨入りのニュース
4.真夏のあの子(+perc岸やん)
5.週末(+perc岸やん・gt酒ヒロ)


前日バックビートのセットリスト
1.チェルシー
2.沖のヨット、2つの飛行機雲
3.梅雨入り
4.もみじ〜夕暮れ時
5.君とカフェオレ
6.君(ニューバージョン)
posted by oomorigenki at 13:44| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

テンキニナアレ

Image985.jpg

久々のシガキさんとのタイバン、いやあ、楽しかった!!
ステージも最高だったし、炭玄→公園→温泉コースをともにできて、楽しかった!語った〜。


シガキさんとはもちろん何度もタイバンしてるけど、2007年にやった2回のジョイントツアーが忘れられない。春に熊本・福岡・鹿児島、秋に京都・浜松・東京。

その2回のツアーがものすごく思い出に残っててね。

楽しかったし、本当にいろいろ語りあったし。その頃は僕もシガキさんも、今といろんなことが違って、それがめまぐるしく変化したり、悩んだり、自分やまわりがすごい勢いで変わりつつあった時期。春がそんな感じで。秋は逆にすごく穏やかで、楽しくて、そういう「あの頃」の最後の素晴らしいひとときだった。

僕は多分、死ぬ前にパパパッと思い浮かぶ人生のシーンが10こあったとしたら、あのシガキさんとのツアーは間違いなくその中に入ってる、そのくらいの思い出で。あのときの空気とか、風の匂いまで懐かしくて、あのときだけの特別なもので。

って話したらシガキさんもそういうふうに思ってたらしく。
やっぱりあのツアーは大きなものだった。


そんなツアーから気付けば2年半が過ぎ、お互い環境も、自身も変わり。

あの頃を越えた今で、それぞれに新しい環境で頑張っている。
あの頃があったからこそ今がある。

そんなことを熱く語らい合い、そして馬鹿話もして、飲んで、風呂入って。楽しかったです。



シガキさんは、この春から仕事に就き、土日だけのシンガーソングライターとして活動しているが、それを音楽の諦めではなく、真逆で、自分の音楽を守るためだと打ち上げで語っていた。

市場形態も音楽の価値も変わった。出しゃあ売れるというのはつい最近のことだけど今は完全に崩壊した。

そんな中。ビジネスになるような音楽を作れるやつはそれをすればよい。それ以外のアーティストが食うために音楽をしようとすると、軸がぶれたり、つまらない音楽を作ってしまう恐れがある。音楽も、そして生活も、人生まで擦り減ってしまう。

そんなときにクレイジーケンさんの自伝に見つけた「自分の音楽を守るために働いている」という考え方に共感し、音楽とともに昔からのもう一つの夢だった教員になる道を選んだのだという。

土日だけだが、片手間ではない。むしろクオリティを上げたい。そんな意気込みが伝わってくるステージだったし、店長も言ってたけど、無駄な力の抜けた素晴らしいステージだった。

シガキさんには、大森くんはいろいろ実験しながら、大事なところはブレてない と言ってもらえた。
けれど自分じゃわからないけどね、僕はやりたいことがころころ変わったり戻ったりするし、ライブでは代表曲よりも新曲を多めにやっちゃうし、人から見たらどう映ってるかはわからないけどね。自分でもよくわからなくなるときがあるし。でもやりたいことしかやってないから、自分の音楽は守りきれているのだと思う。

ただ。
音楽を守りきれても、生活や人生を守れなかったらのたれ死ぬわけで。人にも迷惑かけるわけで。
だから、いろいろなことを考えるよね。

来年、どうなるかはわかりません。もちろんまた全国展開できるような動きが出来ればいいけれど、残像自身の状態や、CD市場の情勢や、さまざまな事情のなかでは昔と同じようには絶対いかないから。少なくとも、今年4作品作ったように、音源は作ります。ペースはわからないけれど、ライブはやめません。
だが。
来年は(まあ今年も奮闘はしたのだけれど)人生をきちんと軌道修正したいです。音楽を縮小するのではなく、今後ながく続けるために。


シガキさんのテンキニナアレは、天気と転機のダブルミーニング。
そんな歌を書いて2年半。彼の音楽は力強かった。
posted by oomorigenki at 12:04| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

“ひとりバンド”

Image980.jpg

いやあ、スパークしてしまった〜。最後は、もうなんか身体が勝手に動いて、シンバル(私物だったことが後に判明して大あせり、、)を手やギターで叩きながら、暴れてしまった。絶叫もして、、、


ソロライブには、自分の取り組み方として2種類あるわけです。アコギかエレキかってこともまあ関係あるんだけど、もっと、何て言うか、自分のタマシイ的な向き合い方というか。

それは誤解を恐れずに言うと、ソロアーティストか、バンドマンかっていう選択であり、弾き語りという同じ形態でも僕の場合、どっちにもなり得るんです。

一昨日のライブは、明らかにバンドマンとしての大森元気で、特に後半にむけて、そこにいないドラムやベースの音を感じながら演奏してた。

ドラムを見ながら、ベースを見ながら、見えないスリーピースで演奏していた。

僕には見えたよ、ドラムとベースが。それが誰かは分からないんだけどさ。


やっぱりバンドがやりたい。
その強い気持ちが、フラストレーションが、一昨日のステージをああいうふうにさせたし、僕を絶叫させた。

メンバー探し、引き続き頑張ります。(サポートでやってくれそうな人ならたくさんいるんだけどね、、)


さあ今日は神戸でライブです。
爆発的なバンドっぽいライブか、シンガーソングライター然としたささやかなライブか。
どっちになるかは来てのお楽しみ。自分でもそれは分からないしね。

セットリスト
1.チェルシー
2.over the rainbow
3.沖のヨット、2つの飛行機雲
4.エール(2年ぶり)
5.夕暮れ時
6.青ざめた空(3年ぶり)
7.瞬間/ウラ歌詞(1年半ぶり)
十夢くんwithマヒトさん、ラコースティック、宇宙遊泳、本当にかっこよかった〜
posted by oomorigenki at 07:24| Comment(1) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。