2013年09月28日

「dodo2」レコーディング秘話

dodo2_rec.jpg


dodo・不知火くんがOURLIFE MUSICのことブログに書いてくれました!
レコーディング時の写真やセルフレポも読めます。
あの「デート」の不思議な音響の秘密はここにあった!!

「dodoのそわそわブログ」
 ↓ ↓ ↓
http://blog.livedoor.jp/dodododo2010/archives/32338832.html








.
posted by oomorigenki at 10:57| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

モミーFUNK!!



ツイッターでは、モミーさんのライブにCharaさんが来て(以前よりよく呟いていた)、会場でツーショット写真を撮ったと、昨夜〜今朝にかけてかなり話題沸騰してました。

モミーさんと言えば、元カリフラワーズ、BOOGIE CHAFF、SOUL POWDER DRESSING!(一時期)、Makkin&the new music stuff、シーナアキコとのモミーナ、出世魚ズ、そして現在はモミーファンクとして活動中のドラマー&シンガー&コンガプレイヤー。僕(大森)も00年代後半はイベント等でよく一緒になっていたので(そういう人がまわりにもたくさんいて)みんな興奮してました。

ここに紹介する動画は、そのモミーさんと、ボーカリストNanamieのセッション。ふたりともぶっちぎってます!!


OURLIFE MUSICではモミーさんがコンガで全面的に参加しまくっているMakkin&the new music stuffの2タイトルを取り扱い中です。2ndとなる『FIRST SONGS』の全ボーカルと務めているのがこの動画のNanamieだったりして、聴きごたえ抜群ですよ〜!!!

1st・2ndともに店頭では稀少となっていますので是非お気軽にご利用ください!

試聴・ライナー

購入ページ↓



posted by oomorigenki at 19:19| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

デジャヴ


image-20130925072156.png

先日の花と路地の新曲は、まんまCSN&Y、ということを書いたところでしたが、その矢先、書店にて発見!(後半はニールヤングの記事が大半を占めつつも、一冊まるごとCSN&Y関連!)

以前発売された同シリーズのthe band本とともにバイブルとなりそうです。


.
posted by oomorigenki at 07:22| Comment(0) | column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

変わり続けていく

20130922.JPG

photo by masaki haruka

昨日おチョコ企画、来て下さった皆様本当にありがとうございました。おチョコ、旭荘、花と路地。「10年」という言葉は何度も出たが、誰も懐かしモードではなかった。

まったく知らない人から見ればまた違う見え方だったのかも知れないけれど、少なくとも、僕ら出演者は10年という年月の重みや、今まであったいろいろな事の1つ1つを思い出してはいつつも、それに浸ることもなく、それぞれの「今」を鳴らしていたと思う。

ハコで打ち上げすることが最近は多いが、昨日はめずらしく居酒屋へ移動し、遅くまで語らうことも出来てよかった。詳しくは書かないが、10年間思っていてくれたということを斉藤さんが打ち明けてくれたりしてすごく感激した。彼にとってはネガティブなエピソードだったけれど、そこまで思ってくれて、メンバーにも伝えていなかったことを今日まで持ち続けてくれていたというのはすごく嬉しくて感激した。

それからメンバーや旭荘の面々とも今や今後のことについていろいろ話し合えたりもした。

花と路地もどんどん新しいことをやっていきたいと思う。きのうここでも紹介した斉藤さんのブログじゃないけれど、続けるということは、変わらないことでもあるし、変わり続けて行くということだと思った。またそれぞれ歩いていって、再会できたらいいな。まあ旭荘はよくつるませてもらっているけれど。

1.花咲く路地(acoustic ver)
2.大寒町
3.春になれば何か変わると思っていた
4.たちどまる時
5.何処にもいけない・仮(新曲)
6.日曜日月曜日
7.バスははしる
2013.9.22@GrapeFruitsMoon,Sangenjaya
posted by oomorigenki at 12:57| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

変わって行くけど変わらないものもあるんだよ

s_3.jpg


難しいことばは使わない、けどグッと来ることを
さりげなく言ってくれる。
斉藤さんの歌はいつもそうで
それは彼のブログの文章も同んなじで。

最新のほうもいいけど、1こ前の記事をご紹介。
http://ochoco.air-nifty.com/diary/2013/09/post-300c.html

今夜は本当にすばらしい夜になるでしょう。
ぼくらも精一杯頑張ります!!楽しみます!!!

画像は、今日発売のおチョコ新譜。

余談になるけれど、僕に「Don’t Stop the Carnival」という歌があり、ソニーロリンズの題名、そしてTHE BANDへのリスペクトで書いたものではあるけれど、そもそもの書く動機となったのが、このおチョコの新譜に収められている「Don’t stop music」だったかと思う。

この曲はチョコパ時代、恐らくこれで最後のライブになるんではないかという噂が流れていた、渋谷Nestのライブで(果たしてその噂は現実となった)、めずらしく斉藤さんがシャウトし、終わりたくないという気持ちを表すかのように延々と演奏され続けた、その曲だったかと思う。

今回、音源化となり、そのニュアンスや込める思いには変化があるとは思うが
本質のテーマは何一つ変わっていない。

「ぼくらいつか変わってしまうけど/変わらないものもあるんだよ」
「四月」という名曲のなかで、彼はそう歌っていた。

冒頭に紹介したブログのなかでも

「出会ったり、別れたり、そのことに悲しんだり、
また、新しい出会いに心を躍らせたり、
そうやって、続いていくものなのかもしれぬ」
と言っている。

そういうことなのだ。
今夜は10年来の3組、
おチョコ、旭荘201、花と路地。
変わり続ける今の姿で戦う、
と同時に変わらないものを確かめ合う夜だ。




.
posted by oomorigenki at 10:07| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

ユーガッタ!!

hanatoroji_201309_img.jpg


明日です!
2013.9.22(日)
おチョコ結成約5周年記念「プレミアムフレンズLIVE」〜おチョコの友だち You've got an o choco〜
【場所】三軒茶屋GrapeFruitsMoon
【出演】おチョコ / 旭荘201 / 花と路地
【時間】18:00start
【料金】¥2000/¥2300

おチョコは、大森が残像カフェ時代に親交の深かったチョコレートパフェの、斉藤氏・林氏の始めたバンドです。チョコパには明日旭荘で叩く拓ちゃんも在籍していたし、旭荘、チョコパ、残像というのは10年前から随分よくタイバンした仲です。もちろん、懐古ではなくそれぞれの今で3者戦います。歴史的な夜になりそうですよ!

なお、花と路地はそうすけ君が出国中のため(!)6人編成でお届けします。ベースは大森とアダチが交代で弾きます。バイオリンは弾きませんw 

新曲ありますよ!!お楽しみに!!

お問い合わせ・ご予約は ourlifemusic@gmail.com まで。

.
posted by oomorigenki at 13:00| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名盤・名作、続々入荷!

OURLIFE MUSIC続々入荷中です!!
アルバムごとにライナーも書かせてもらってます(一部商品にて、dodo不知火君もライターとして参戦!!)

◆OURLIFE MUSICブログ(ロングライナーもここで読めます!)
 ↓ ↓ ↓
http://blog.ourlifemusic.com/

◆購入ページ
 ↓ ↓ ↓
http://ourlifemusic.thebase.in/

◆各作品、ダイジェスト試聴も僕が作らせて頂きました!!
(Makkin〜『FIRSTSONGS』収録「朝まで君といたいのに」のみ、すでにあったものをご紹介させて頂いております)











posted by oomorigenki at 12:53| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

OURLIFE MUSICブログもあります!

image-20130917080749.png

すこしあいちゃいましたが、OURLIFE MUSICのほうでもブログ書いてます。商品紹介がメインですが、長文ぶりはこちらと変わらずです(苦笑)

こちら→ http://blog.ourlifemusic.com/

どんどん商品、増えています。
ニュアンス的には委託販売とはちょっと違うみたいなので(仕組み的には同じなのですが)、委託という言葉は途中からやめにしていますが、要は、自分関連以外の作品を、たくさんの素晴らしいミュージシャン達の協力のもと、増やすことが出来つつあります。

もっともっとたくさん、しかし濃さも失わず、ショップを充実させていけたらなあと思います。

何万枚・何千枚と売れるようなタイプのアーティストではないけれど、本当にどれもが名作ばかり。(宣伝に毎日「名盤」と書きすぎて説得力なくなってしまってしまうのが悔しい!)

失礼な言い方だけどそんな“隠れた名盤”ばかりがどどっと集まって「ここに来れば何か素敵な音楽に出会える」「こんなにかっこいい音楽を今まで知らなかったなんて!」という感じでみんなに観てもらえたらいいなと思っています。

そうやって、僕のまわりの素晴しすぎるミュージシャン達が1つのシーンになって、盛り上がっていけたらいいな。同時に、内輪にならないように、積極的に壊すこともやっていきたいのだけれど。ジャンルや友情に固執するのは一番つまらないし。そしてあわせて僕自身の音楽活動も頑張らなきゃいけません。

という感じでまた長文になっちゃいましたが、OURLIFE MUSIC、より一層頑張っていきますので、よろしくお願いします!


.
posted by oomorigenki at 08:12| Comment(0) | column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

夏の終わりは次のはじまり

写真 (14).JPG


きのう来てくれた皆様ありがとうございました。
江村健バンドのライブは、先月観た時もそうだったけど、なんかもう本当素晴しすぎて言葉がないのです。全員が凄腕とか、渋いのに何故かポップな曲とか、歌詞のこととか、江村さん自身の魅力とか、もう何か言葉にしてしまうと陳腐になってしまう。全体が1つの大きなグルーヴで、塊だった。

で、ツイッターにも書き殴ったけれども。
「江村健バンドは、ときにブルースも扱うにも関わらず、言わばディズニーランドだった。そこに居合わせた者はすべてその世界でその虜になる」と。
変なたとえだけど、それが一番しっくりくるなと思いながら踊っていました。

 **

僕ら花と路地のことを少し書くと、「新しい挑戦」をするとアナウンスしていました。それが具体的に何かというのは特に言ってなかったのですが、(そして誰にでも見えるような冒険をしたわけではなかったのですが)どういうバンドにしていきたいか、どう見せていきたいか、ということですね。

今までは僕のメインの曲が多かったのですが、もう1人のボーカル・くりすのみならず、アダチ君も渡瀬くんも歌うという、去年末あたりからの試みをもう1歩押し進める形となりました。

まぁあんまり細かく書いても野暮なのであれですが、大森元気を中心とするバンドなのか、複数のボーカリストが集まるバンドなのか、ということですね。(そこから派生して、先日ちらっと書いた、残像カフェ色を出すのか引くのかという話もあって)。

これまでは混在して、曖昧でした。選曲によってそのバランスが変わるので日による部分も多かったです。

どちらがいいかなんて分からないです。どっちもやりたいことだし。でも今は、しばらくは昨日の路線で行ってみようかなと思うわけです。

確かに先日の池袋オルグでのギターを掻きむしる「Smile」は大絶賛されたけれども、あれなら3ピースでも出来るかも知れなくて、そこじゃないところへ(そして、かつ一段上の段階へ)いきたいなと。これは残像時代のファンの方々からしたら、ひょっとすると賛同を得られないかも知れない。けれど、バンド内でもいろんな意見を戦わせ合いながら、最終的には僕の判断でそれに挑戦する価値はあるんではないか?と。少なくとも少しの期間はそれを押し進めたいと思います。

それをしないと、いつまでも花と路地はバンドの個性を確立できないし、前進できないし、残像や大森ソロのセルフカバーバンドになってしまうから。

ちなみに、単に「この曲は渡瀬君が歌う。次の曲はアダチ君が歌う」というローテーションではなくて、「春になれば〜」や今回のカバーみたいに、1曲のなかで何人もがメインを取っていくというやり方を追究していけば、とても面白いことになるんじゃないかと思っていたりもします。

 **

で。
昨日は、そういった挑戦や試行錯誤は置いといて、初めて見てくれる友人、特に何年も前から付き合いのある先輩達が昨日は多くて、みんな、本当にたくさんの人に「いいバンドだね」と言ってもらえた。江村さんやmitatakeさんや金杉さんの素晴しいライブを見たこともあって、本当いい気分で、エフェクター一式を忘れ物しながらも(苦笑)帰路についたのでした。

ここからまた1歩進むにはどうしたらよいかとあれこれ考えつつ挑戦を続けていきたいと思います。ライブはとっても楽しかったし、特に「日曜日月曜日」はいろんな人に褒めてもらえて、充実の出来となりました。見てくれた人、気にしてくれた人、本当にありがとうございました。

1.大寒町(カバー)
2.バスははしる
3.春になれば何か変わると思っていた
4.魔法を信じるかい?
5.日曜日月曜日
6.彼女はそう言った

1:Vo→アダチ+渡瀬+くりす、Cho→大森
2:Vo→くりす、Cho→アダチ+大森
3:Vo→渡瀬+くりす+大森+アダチ
4:Vo→大森、Cho→アダチ+くりす
5:Vo→大森、Cho→アダチ+くりす
6:Vo→くりす、Cho→アダチ+大森

mobile photo by うちだあやこ





.
posted by oomorigenki at 22:37| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

プールに飛び込め



1年半前のライブ録音だけど、これ最高だね!
まさかの停電→火事アナウンスのなかライブは続けられた!
新譜完成、レコ発ライブは今夜!!

僕ら花と路地も、新しい挑戦をいくつかします。
最高の夜にしよう。いやなるだろう!!

◆2013.9.9(月)渋谷gee-ge
HIGH BRIDGE presents 江村健CDリリースパーティー
【時間】18:30open / 19:00start
【料金】¥2000/¥2000(D別)
【出演】江村健バンド / 花と路地 / 金杉裕介 / mitatake / DJ:hb
※当初の告知と開始時間が変更になっています
※ご予約・お問い合わせはourlifemusic(a)gmail.comまで




.
posted by oomorigenki at 08:55| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

ロックコラボを経ての、花と路地

写真 (13).JPG


まさかの聖子ちゃんカットになってました、先日の自分(笑)春子役の有村架純と一致した!!(笑)

というわけで今週1週間にわたって、ライブ動画をアップしてきました(興味ない人にはごめんなさい)。偶然や、出会いや、人の提案からやってみた「楽しいよふかし」とのコラボがめちゃくちゃ楽しくて、更に本番前夜によみかきそろばん/はなし/ビイドロの青柳君も参加してくれる事になって、本当に何から何まで刺激的な夜でした。本当にやってよかった。

「朝もやのブルース」 http://youtu.be/cR26U46t5u0
「瞬間II」 http://youtu.be/ZbCZFX7kats
「日なたにて」 http://youtu.be/haAIQhJnBmU
「さよなら8月の太陽」 http://youtu.be/J_i9mphsyl4

今ぼくがやっている「花と路地」では、残像カフェ的な要素を出すのか引くのかという議論もあったり、まあいずれにせよ7人編成なのでああいうギターロック的な曲はあまりないのですが、残像時代に自分のやりたかった事を今回痛いほど再認識できたし、同時に花と路地が今後どうしていくべきかという事を沢山考えさせられました。

こうやって轟音でギターロックをやること。みんなから絶賛されたし、自分でもまたやりたいと思いました。一方で花と路地は、それとまったく違う世界観を作らなければと思っています。それがどういう形になるか、それが自分達に合っている方法なのか、いろいろ悩むことはたくさんありますが、ひとまず動いていかないと始まらない。

というわけで花と路地は明日のライブからいろいろと新しいことを始める予定です。是非ライブ、来てもらいたいです。

江村さんのレコ発、先月、とてつもなく圧倒的なライブを観せてもらって、もう興奮が何時間も(何日も!)覚めやらなかった江村健バンド、言葉にならないくらい最高です。本当に見てもらいたい明日のライブです。

◆2013.9.9(月)
渋谷gee-ge
HIGH BRIDGE presents 江村健CDリリースパーティー
【時間】18:30open / 19:00start
【料金】\2000/\2000(D別)
【出演】江村健バンド / 花と路地 / 金杉裕介 / mitatake / DJ:hb
※当初の告知と開始時間が変更になっています
※ご予約・お問い合わせはourlifemusic(a)gmail.comまで




.
posted by oomorigenki at 10:56| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【再編集】さよなら8月の太陽、再アップしました。



音のほうは変わっていないのですが、少し直して再アップしました。
先日8/31のライブ映像、その4です。
(その4だけど実際には1曲目に演奏しました)

残像カフェ時代の曲、
大森元気「さよなら8月の太陽」エレキ弾き語りバージョンです。

ほかアップ済みの3曲は、過去記事から閲覧いただけます!



.
posted by oomorigenki at 09:42| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月07日

そのとき町は祭りであった...

agata_utsu_p1.jpg
agata_utsu_p2.jpg


ぬああああ、4年ぶりの(弾き語りでは初めての) 栃木ライブ、鹿沼の秋祭りの日じゃないか!!誰も来ねーじゃん!!泣

というわけで東京ほか各地からのお客様も是非お越し下さい!10/12土曜日です!!尊敬するあがた森魚さんとの初競演です!!

★2013.10.12(土)
宇都宮 悠日カフェ(http://www2.yujitsu.com/
【時間】open15:30 / start16:00
【料金】adv.¥3000 / door¥3500(Drink別)
【出演】あがた森魚 / O.A. 大森元気
【お問い合わせ】悠日カフェ
 栃木県宇都宮市吉野1-7-10(最寄り:東武宇都宮線・南宇都宮駅)
 028-633-6285
【ご予約】悠日カフェ028-633-6285




.
posted by oomorigenki at 10:51| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

8.31ライブ動画その4〜「さよなら8月の太陽」アップしました



8.31ライブ動画その4(これで最後です)。
エレキ弾き語りによる「さよなら8月の太陽」。



.
posted by oomorigenki at 09:47| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月05日

8.31ライブ動画その3〜日なたにてUPしました!



8.31ライブ動画その3アップしました!
大森元気with楽しいよふかしで、残像カフェ時代の
「日なたにて」を再演しました。

 **

というわけで、3曲アップしました。
もう1曲(弾き語り)アップしようか迷ってますが、
ひとまずはこの3曲で。

スタミナ配分を間違えたとか言い訳でしかないんですが
空回り→バテ気味な自分に多少の悔いが残るところですが
でもバンド感はびしばし伝わってくるかと思います!

本当やれてよかった。楽しいよふかしの3人と青柳君、
ありがとう。またやろう。




.
posted by oomorigenki at 13:04| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8/31ライブ動画その2〜瞬間IIをアップしました!!



大森元気with楽しいよふかし(2013.8.31@GOODMAN)。
コラボした2曲のうちの1曲です。

「瞬間II」は、『zanzowcafe extra』収録の「瞬間」とは
歌詞が異なるバージョンで未リリースverです。

「I」は「何もなくてすべてがある、そんな日常や愛を
信じることができるかい?」という不変的な歌で、
テーマは大きいのだけど、「II」は単純に熱情的な恋の歌ですね。
タイトルになっている「瞬間」って言葉の重要度は
こっち(II)のほうが薄いのだけど、こんな熱いロックバンドのアレンジには、
こっちのほうがしっくりくるのです。

なお、作った順番は、
 Iの原形→
 II →
 Iのリリース形
という具合です。

 ***

「瞬間II」大森元気with楽しいよふかし

2013.8.31
@CLUB GOODMAN,Akihabara

performed by
大森元気 with 楽しいよふかし
 大森元気 (Vo&EG)
 vano (EG)
 キク地ユウタロウ (Ba)
 カネコカズ央 (Ds)

 ***

「瞬間 II」 作詞作曲 : 大森元気, 2007

その瞬間きっと彼は恋をする
あの子の眩しいサヨナラ
少しだけ意地悪で 少しだけ寂しそうな
あの子に手を振ったけどまたすぐ振り返る

その瞬間きっと彼は気付くのだ
誰かを想う夜の苦しみ
少しでも見つければ すぐにでも繋げたい
どうして明日はもっと早く来ないのか

 たとえばそれは今夜のミルクティー 
 一口飲んだあとに広がったあとに広がった世界
 ねえもしここに君がいてくれたら
 ああ この胸のざわめきを君も知ってくれたらいいのに

その瞬間きっと僕は恋をする
待ち合わせ 気付いたときの微笑み
言葉などいらないさ 世界は変わるのさ
どうして二人はもっと早く出会わなかった?

 たとえばそれは今夜のミルクティー 
 二口目を飲んで歌う恋のナンバー
 ねえ僕と君はいつも同じ歌 歌うよね
 ああ 繰り返し 繰り返し 口をつくメロディー響くさ

 たとえばそれは今夜のミルクティー
 最後を飲み干して余韻にひたる
 ねえもしここに君がいてくれたら
 ああ この胸のざわめきを君も知ってくれたらいいのに




.
posted by oomorigenki at 07:20| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

未来


image-20130904234248.png

信じてもらえないかも知れないが気づいたら軟骨が日本列島になってた!房総半島まであるし!

ずっと(残像時代特に)お世話になっているY氏と久々にサシ飲み。あの頃の悩み、いまの悩み、それぞれ違うけれども、結局は同じ展開になっていく。(でもあの頃よりもいろんなことが分かるようになったかもな) いやー、元気をもらいました。ありがとうございました。



.
posted by oomorigenki at 23:43| Comment(0) | column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

8/31ライブ動画その1「朝もやのブルース」



8/31のライブから「朝もやのブルース」をアップしました。
大森元気 × カネコカズオ(楽しいよふかし) × 青柳崇(よみかきそろばん,はなし,ビイドロ) のベースレス3人編成。8分23秒1本勝負。練習なしでしたがこの化学変化!!見事に曲が化けました。(歌詞は間違えまくってますが...)

※「楽しいよふかし」とのコラボも後日公開予定。

 ***

なお、この曲はバンドバージョンでは未録音ですが、
弾き語りライブバージョンが「LIVE at Cabotte vol.2」に収録されています。


 ***

「朝もやのブルース」written by 大森元気, 2006
2013.8.31
@CLUB GOODMAN, Akihabara
performed by
大森元気 on EG&Vo
カネコカズオ(楽しいよふかし) on Ds
青柳崇(よみかきそろばん,はなし,ビイドロ) on EG

 ***

「朝もやのブルース」作詞作曲:大森元気

太陽は昇り街を変える
光は悲しみごと包みこむ
西空にはまだ昨日の夢 覚めない夢
今日まだ僕は彷徨っている

あの娘は今ごろ起き出す頃
TVではアナウンサーの女の子笑いかける
愛の形も 愛の姿も
日々のなかで変わっていくのだろう

駅前の彼ずっと宙を見てる
僕は少しだけ胃が痛む
どんな人生が彼を突き抜けたのか
どんな嵐を彼は乗り越えてきたのか

あの娘は今ごろ化粧に追われ
くり返す毎日にため息をつく
やり場のない気持ちやもう諦めた事
もう見えなくなるほど塗り潰せたなら

  何のために僕はここにいるのか
  何のために僕はここにいるのか

朝刊は投げ込まれ 文字は埋め尽くす
息継ぎする暇もないのなら
振り返る暇も 逆らう暇もないのなら
ぜんぶ捨てて逃げてしまいたい

あの娘は果たして何を思うのか
年老いた春の縁側で
みんな死ぬのに 何も残らないのに
僕は何を支えにして生きていくのか

  何のためにみんな生きているのか 
  何のためにみんな生きているのか

ため息はつのり 世界たちこめる
雨は一度だってやんだことはない
誰かが言ってたよ俺は分かってたと
それなら何故そのとき言わなかったの

まだ見ぬ我が子を 街を思う
争いも放射能もきっとなくならない
僕のいない世界で彼ら生きていくのか
それでも彼ら夢を見るのか

  何のためにみんな生きているのか
  何のために僕は生きているのか

気づかぬうちにすべてが終わる
同じ毎日なんて思っているかい?
いつかの声を いつかの自分を
失ったものばかり僕は追い求めているよ

あの娘は今ごろ家を出る頃
また鍵を失くしてしまっているかも知れない
飛び出した風の中 無くしたものばかり
それでも僕は探し続けるのだろう

  何のために僕は生きているのか
  何のために僕は生きているのか
  何のために僕は生きているのか
  何のために僕は生きているのか

  キラキラ光る雲の下
  僕の中身は空っぽで
  泣いては燃えた心を
  僕は何処に置いてきたの?

(ライブ録音のため一部歌詞が異なります)噛み過ぎ...



.
posted by oomorigenki at 17:20| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

ロックンロール!

201309010000530.jpg


「いや〜、大森元気with楽しいよふかし良かった。大げさに言ったらボブ・ディラン&ザ・バンドですよ。さしずめ青柳くんはニール・ヤングでしたよw こういうライブがいっぱいあればロックバンドにまた若い子憧れますよ。(略)ロックバンドってカッコいいんだなってひっさしぶりに思いました」(goodman/K氏)

「よみかきそろばん(略)なんとダブルアンコールまでいただいちゃってありがとうございましたー 思うにそれが貰えたのは大森元気くんのおかげだと思います バンドたちの中にひとりソロで出演し孤軍奮闘しつつ他の出演バンドたちともコラボレーションをして(僕も大森くんのステージで一曲ギターを弾いた)彼が今日のこの夜をひとつにしてくれたな、と思いました。(略)今日みたいな夜を体験すると、ライブハウスというのは、ブッキングのイベントだとしても出演者とお客さんとライブハウス三位一体で楽しくしていくもんなんだよな、とひとり凄く納得しました。今日の夜の全てに感謝します。(略)しかし本当に楽しい夜だったな… 終えたくないよ、今夜を。」(よみかきそろばん/青柳くん)

「楽しいよふかしと大森元気with楽しいよふかしのライブ終了!やりきった!楽しかったなー。ここ1週ぐらいいいテンションでやれたのは間違いなく大森さんが誘ってくれたおかげです。楽しいよふかしへもフィードバックしてよりよい演奏を目指します!見てくれた方々、ありがとうございました!」(楽しいよふかし/菊地くん)

201309010000532.jpg


きのう、来てくれた皆さん、競演の皆さん、Goodmanの皆さん、本当にありがとうございました。
本当に本当に素晴しい夜となりました。競演のバンドすべてカッコよかった。僕もわくわくしっぱなしで、もうなんて言葉にしていいか分かりません。

余韻はずっと続いています。

楽しいよふかしとは7月にタイバンして、そのときに「コラボしたら面白そう」ってgoodmanの面々に言われて。今回、タイバンだったのは偶然。ワケあって出演自体が決まってからわずか2週間しかなかったのだけど、(なのでスタジオ練は1回きりでした)コードの微調整のほかは、もうなんにも言う事がなくて思う存分に歌うことが出来ました。

なんにも考えずね、やれたのが嬉しかった。残像の曲を、「やっぱり昔のほうがいい」というリスナーの意見や自己判断をまったく恐れないで演奏できたってのはこの8年で初めてだったのかも知れません。「オリジナルの残像を超えられたメンバーはいなかった」という意味ではなくて、「やろう」としたときに気になってしまうのはもう避けられないことで。初めてそこから開放されたって意味で。

時間やタイミングが解決したこともあるけれど、よふかしとの相性が本当によかったんだろうな。昔の曲を、新しい気持ちで演奏する、というか何も考えずに演奏できるってことが本当に奇跡に思えた。燃えた。楽しすぎた!!

201309010000535.jpg


そして忘れちゃいけないのが青柳くん。(よみかきそろばんは、本当にいつもだけど今回もさらにやばくて、僕は珍しく最前列で踊るなんてしてしまった!)

青柳くんが「オレもギター弾きたい」とツイッターで話しかけてくれたのが前日の夜。それで、話がたちまち進んで、曲を送って、(彼はめちゃくちゃ気に入ってくれて、あの8分以上ある曲を20回以上聴いてくれたんだそうだ)当日サウンドチェック時に1回やって、それで本番。

あの青柳くんのサイケでスペイシーで、優しさと暴力を兼ね備えた轟音ギターが、フォークロックの早口ナンバーを完全に変えてくれて、もう本当最高すぎて興奮した!!ディラン&バンドにニールヤングが乱入したような、という、もらった言葉は言い過ぎだけどベクトル的には本当そうだったよね。またやりたいな。レコーディングも弾き語りverしかないから、バンドで、このバージョンで録るのも楽しいだろうな!!

201309010000533.jpg


201309010000534.jpg


もう本当に最高なのに、ほとんどすべてが成り行きだったことにもその意味がある。ロックって小難しいものじゃないんだ。フィーリングとグルーヴが合えば、それだけで会話が出来るし、魔法がかかるんだ。

またいつかやるんだと思います。そして、彼らともやりたいし、色んな人と気軽にコラボできるスタンスを大事にしていきたいと改めて思った夜でした。

201309010000539.jpg


201309010000537.jpg


setlist
【大森元気】
1.さよなら8月の太陽
2.OUR LIFE

【大森元気+青柳崇+カネコカズ央】
3.朝もやのブルース

【大森元気with楽しいよふかし】
4.瞬間II
5.日なたにて
__2013.8.31@CLUB GOODMAN,Akihabara

photo by 並木万実



.
posted by oomorigenki at 21:23| Comment(2) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽しかった!!

大森元気Biographyの2013年の欄にしっかり記載される夜となりました。1〜100まですべて楽しすぎた!!
posted by oomorigenki at 00:23| Comment(0) | column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。