2015年06月21日

無邪気な季節

9A140C28-2A62-41AE-A634-32B70316373C.jpg
(photo by scotches,2013)

“なんだか昔のような
昨日のような無邪気な季節を
取り戻そうとはせずに
取り戻そうとはせずに”
____「週末」残像カフェ

という歌詞を書いたのは確か残像カフェを組んだ年の6月くらいだったと思う。(2ndアルバムに入っているけど初期の曲なのです。)

大学を卒業して、バイト先のレンタルビデオ屋がなくなって、派遣ではあるにせよ初めて会社ってもので働き出したタイミングだったな。“つぶれた電車の日々”とか“身体が軋んでいるようさ”とか言ってるのもそんな状況を反映して。

無邪気な季節が終わる。
そんな気持ちに、僕はそのときなったわけだけど、振り返ってみるとそんなことはその後だって何回も遭遇していくことになる。

僕は、ブログに載せる以外にも携帯で日常的に写真を撮るのだが、最近何となく一年前を遡っていたら、見ていたものや思い出される当時の生活と今とのギャップに愕然としてしまった。さらにアー写を探すために過去の自分の写真フォルダを覗いてみると、いやはや「これが自分?」て思ってしまうほど違う顔をしているのだ。

まあ、かと言って今の自分の顔を見ても、やはり馴染みがなくて、どっかの知らないおっさんに見えてくる。どれが本当の自分?...なんて、J-POPの歌詞みたいなことを思ってしまうのだけど。

いつだって悩んでいたはずなのに、一年前や、もちろんもっと昔の自分はなんと無邪気に見えることか。

無邪気な季節と歌ったときからもう14年も経っているというのに、その時期その時期ごとに僕は無邪気さに別れを告げる。

そのたびごとに無邪気さを取り戻すのか、それとも失い続けているのかはわからない。しかし、やはり過去をかえりみると、無邪気だったなぁと思うのである。

さて無邪気さとは何だろう。
「青春の詩」における吉田拓郎ばりに自問してみる。
それは恐らく無知さや浅はかさであるが、それとともに純真な気持ちや、楽しさを伴った輝きが含まれているのではないか。

そもそも、の話をしていなかったが、
無邪気さを失うことが一概に悪いことだとは思わない。

無邪気さが、無知や浅はかさだとすれば、学んでいくことや、賢くなっていくことはむしろ大人になるには必要だということは言うまでもない。
だとすればこの、一年前の写真を見たときのノスタルジアや空虚感は何だろうか。

成長と引き換えに失くしたものへの未練か、それとも今くすぶっている現実からの逃避願望か。ただ、疲れてるだけなのか笑

いずれにしても。とにかく、今ははしゃげない自分がいるとしたら。それは残念だなぁ。

もちろんはしゃげる場所はある。
それを増やしていくことと、
はしゃげない場所でも自分なりのはしゃぎかたを手に入れること。
それは大事なことだよな。
それがないと、潰れてしまうかも。

“ああ ああ 週末になれば
君に会えるから
ああ ああ 僕は
必死になって流されていくんです”
___同曲より

この歌詞、ネガティブで、当時どうかと思ったけど
ぐっと来るよ。







.
posted by oomorigenki at 14:17| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

夏のはじまりのセンチメンタル

45AAF388-8465-4A2F-87CB-88676992301A.jpg

“あゝ 夏のはじまりに ぼくは
こぼれそうで
溺れかけている”

___「白い夏」残像カフェ


春のセンチメンタルも、
梅雨のセンチメンタルも、
ぼくを乱暴に押し流してしまいそうになる
そしてまた夏が来るんだ

何処にも行けないなら
濁流に流されるのなら
目的地を決めよう。
それが出来たら
そこへ行く方法を考えるのだ

好きなだけ歌い、
好きなだけ話し、
好きなだけビールを飲んだ
あの夏は帰ってはこないけど
夏を抱きしめよう。

新しい方法があるはずだ
センチメンタルなのは夏の終わりだけでいい

“それはぼくの6月の思い上がり?”




.


posted by oomorigenki at 09:09| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

rain rain rain



先日に続きましてもう1曲、雨の歌をご紹介。
「rain rain rain」は、ソロ第一弾シングルとして、発売当時、ナタリーニュースさんやOTOTOYさんの特集記事にも取り上げて頂きました。事務所も離れ、残像カフェも休止して、何かしなきゃって思って作ったシングル。

曲は作れるけど、運営やプロモーションについては本当全くの素人だったので、右も左もわからなかったですねぇ。でもそうやって、期待もして頂けて、動いて下さる人もいたりして宣伝っぽいことが出来ました。そんなに注目して頂けるのなら、もっとお金をかけてジャケとか盤(CDRじゃなくてCDで)とかやればよかったなあと、今となっては思いますが。

でも未だにこの時期になるとヘビロテして下さるという人がけっこういらっしゃって、本当ありがたい限りです。

普通にやるとシンプルな曲だけど、アコギとコーラスをかなり入れましてアンサンブルしてますね。それを活かすために他の楽器はあえて入れてなくて。フォークなんだけどサウンド志向なところもあり。これは、76~80年あたりの時期の伊勢正三氏の影響によるところが大きかったりします。あと思い出したようにサビの後半転調するのが気に入っています。

PVも自主制作で。ポラロイド社のトイデジの動画機能で撮りました。同潤会アパートをリノベーションした表参道ヒルズと曲調とがあいまって1970年代にタイムスリップするような錯覚が(図らずもでしたが)ありますね。原宿・表参道が70年代カルチャーの一つの象徴的な場所だったことは憧れとともに知ってはいたのですが、恥ずかしながら表参道ヒルズや同潤会アパートすらもよく知らなくて。偶然「ここいいかも」って撮ったのが結果大正解でした。

後半ロケ地は、井の頭線沿線に移動します。久しぶりに見直したけどいろいろ恥ずかしいな 笑。

先日も「梅雨入りのニュース」のときに書きましたが早いところ発売再開したいと思っています。どうせなら増量&リマスタもしたいなあと。気長にお待ち頂けたら!




posted by oomorigenki at 09:53| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

ビジョン

AF38D31C-F86F-4886-A13B-1C808AB6368D.jpg

今日は音楽の仕事×3でした。パーマネントのものと、締め切り間近のものと、今日で終了の、参加させてもらっていたプロジェクトと。楽しく、そして充実した1日であった。特に今日で最終日の現場。本当感慨深い...。

大大大大先輩方のなかで。まぁそうじゃなくてあらゆるなかでだけど。自分が役に立てている、必要とされているというのは本当にありがたいことだなぁと。

もっともっと応えたいと思う。能力も時間も。

いつからでも始めていいんだ
今日からはどこへでも行ける”
                        「Today’s Song」

絵を描こう。
そのビジョン
きちんと描けば、描くほど
道は拓けるはずだから。


さて寝ないと。
話は変わりますが、明日、免許取って以来はじめて高速乗ることになりました。(教習所はシミュレーターだったのです) めちゃくちゃ怖ぇよ...




.
posted by oomorigenki at 03:28| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月04日

梅雨入りのニュース - エレキ弾き語りver


大森元気@ふるんナイト vol.4 2梅雨i入りのニュース

Twitterでお問い合わせがあったので。
曲名は「梅雨入りのニュース」ですね。
エレキ弾き語りがいい感じだなぁ。またやろうかな。

リリースバージョンは弾き語りじゃなくてバックトラック付でした。フォーク調のメロディーなのにジャングルのリズムと、その上にマリンバが乗っていて不思議なハマり感。しばらく在庫切れなので再発したいなぁ。リマスタリングなんかして。
posted by oomorigenki at 09:57| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月03日

draw

8978579A-F1C5-43B6-ACC2-E603740BB3DD.jpg

流れる街。
流れる景色。
こんな雨の午前は、
いろんなことを想う。 
過去のことも
今のことも
そして未来のことも。

いま住んでる街が好き。
東京が好き。
けど、ふるさとも愛しているし
ほかにも住んでみたい街はいくつかあります。

こんな季節には
やっぱり鎌倉に行きたいなぁ。
遊びに行くのと
住むのとでは
全然ちがうことは分かってるけど
死ぬまでに一回は鎌倉に住んでみたいなぁと
ずいぶん前から繰り返し思っています。

とある曲のアレンジをしていて
普通のボサノヴァでも成り立つものを
新しいリズムパターンを作ってみて
なんか面白くなった。
そしてそれに合わせて
ベースも形を変えてみた。 

かっこよくなった!

それをすることが
いいかどうかは分からなくて
それでいくかも別の話で。
でも何か工夫が出来ないかと、
つまらないもので終わっていないかと、
そう常々考えながら作る姿勢は
忘れちゃいけないと思った。


どの道を行ったって
どこに住んだって
上り坂もあれば
下り坂もあるね。
越えた先の風景を描く。
僕には何が描ける?




.

posted by oomorigenki at 10:08| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

日記

A9DA897C-0984-48B0-A2F1-81DA44305353.jpg

“疲れ果てていることは
誰にも隠せはしないだろう”
拓郎氏の名曲からの一節ですが。

なんだかいろんな人が
最近の僕のことを気にかけてくれたり
心配してくれたりしていると知って
ありがたいな、
かっこ悪いな、
嬉しいな、
と思うわけです。

15年近くネットで日記を書いてきて
(まだSNSはおろかブログって言葉もなかった頃ですね) 赤裸々なスタイルは、結構みんなやってたけど、時代とともにあんまり見なくなりましたね。鍵つけたり公開範囲の設定つけたりしてやってる人はまだまだ多いとは思いますが、アーティストのブログとしてはね、激減したんじゃないかな。
まあ色々しがらみもあれば、イメージ戦略もありますから。SNSが一般化して、短文が好まれるようになったことも大きいかな。

ですが、僕は昔からこのスタイルですね。「いつもブログ読んでるから久しぶりに会った気がしない」なんてしょっちゅう言われたり。笑  考えてることから、やってることまで筒抜け?みたいな。笑

まあまあ、でも、日によって、同じ状況の中でもへこんでる時もあれば、くいしばって頑張るぞ!って時もある。なるべく、前向きにね、書けたらいいですよね。愚痴っぽいのなんて読んでも楽しくないもんね。

さてさて。個人的にはやや怒涛の土日を終えまして、今日は1日、各種音楽仕事の日。

忙しいけど、嬉しい忙しさ。
むしろもっと欲しい忙しさ。
みなさまどんどん仕事ください!

さあさあ音にまみれて
楽しくいくのだ。





.
posted by oomorigenki at 08:24| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。