2015年12月31日

2015




東京地方はとても穏やかな大晦日です。

2015年、終わっていきますねぇ。
対外的な音楽活動としてはあまり露出することが
できなかったですが、個人的には
いろいろなことがあった、濃い一年でした。


◆自動車免許
春。自動車免許を取りました。
20代のころ過敏性腸炎のひどいやつに悩まされ
車に乗るのが恐怖だった自分としては嘘みたいなこと。
いま運転が楽しいです。
まだ週1くらいで会社の運転をする程度なのですが
ゆくゆくは自分の車とか、カーシェアとかしてみたいですね。
世界が変わる、とよく言いますけど、
はい、人生変えるくらいの経験でした。


◆ライブ
アーティスト活動としてはライブの回数は少なかったけれど
夏、初めての駒ヶ根(長野自体が10年ぶり位)と
久しぶりの地元栃木(宇都宮)でのライブが思い出深いです。

宇都宮では、同郷で中学も同じだった
小川倫生さんと念願の初共演を果たせましたし、
駒ヶ根のほうは初にもかかわらずワンマンでやらせて頂きまして、
たっぷりと歌って来ました。
企画&ゲストアクトで歌ってくれたポチ大平氏、
そして協賛のリビング花岡さんに心から感謝です。

夏はその2本と、
東京ではアダチ君(アダチヨウスケ)に手伝ってもらって
デュオ編成でライブをしました。
僕がエレキギターで、アダチ君はベースとバンジョー。
弾き語り+αというよりも、デュオ的な気持ちで。
ちょっと新鮮な感じで、とっても面白かった。

バンド編成は今かなり空いちゃってますが
1月にやってますね。それと友人の結婚式でもう1本。
楽しいよふかしの3人、そして相子トミー。ありがとう。
楽しかったな。熱かったな!
いやぁ、バンドはやりたいです。
来年ちゃんと再開なり、始動なり、したいな!


◆音楽の仕事
・ギター講師
・あがた森魚
・アレンジ
・映画音楽

今年は音楽の仕事をいろいろと頂けました。
ずっとやらせてもらっているギター講師や、
3年連続となる、あがた森魚氏のレコーディング参加。

そしてアレンジのお仕事として、
年始から稲葉理晃くんというシンガーソングライターのミニアルバム。

さらには、ビレバンで1位獲得歴もあるハチミツのMOMO氏
+exサイトツゲキオーケストラのギタリスト・ちげ氏が始動させつつある
女性ポップデュオ“ヒナタカンs”(ヒナタカンズ)の
レパートリー全曲アレンジ等もやりました。
(個人的な事情で偽名でしたが本名に戻しまして継続中です)。

それから映画音楽もやりました。
以前やらせてもらった佐島由昭監督。
彼の新作「GREEN MY HOME」のエンディングテーマ以外の全曲を担当しました。
前回(「笑顔の向こう側」)の時期と機材や使用ツールも結構変わったし、
アプローチを変えたりしてなかなかいい経験になりました。

いつか分からないけどまたやりたいねと言ってくれているので、
そのときはまた新しいことが出来るだろうし、
今回の経験も生きるだろうし、とても楽しみです。


◆音響仕事
ブライダルの音響仕事も2年目になりました。
新しい会場では僕がメインのオペレータにさせてもらえたり(要は選任みたいな感じで、僕が入れないときは別の人が入る的な)。オペレーション自体もそうですが、新しい会場の人たち(別会社)とだんだん仲良くなって名前を覚えてもらえ、ついには信頼してもらえるようになっていく過程というのはとてもやりがいがあり、喜びも大きかったです。

司会者さんや演出効果とバッチリはまったり、ゲストの皆さんが感動してくれたりすることが増えて来て、そういうとき心の中で「うおおおお!」ってなりますね。手紙とかサプライズの出しものとかは、相変わらず泣きながらオペレートしてます(笑)

感動を作るお手伝いをしているわけなんですが、うまくいったとき、そして逆に感動させられてしまうときなんかもたくさんあって、まぁいろいろあるけれども、やっていてよかったなと痛感します。


◆聴いていた音楽
春には南こうせつ氏のソロアルバムを聴き直してました。
仕事に悩み疲れて、沁みる歌詞の、人生の歌的なプレイリストつくって。
毎日それしか聴いてなかったです(苦笑)いやあ疲れてました。。笑


秋以降はやはりPerfumeですね。
...あまりブログには書いてこなかったですが最近は語りまくっててすみませんw

今年は結成15周年&メジャーデビュー10周年でメディアへの露出も多く、ドキュメンタリー映画も公開されたり
伊勢丹や、ビールや、ベンツ×貞本氏とのコラボがあったり、ニュースに事欠かない年でした。武道館も信じられないくらい最高だったし。来春のアルバムとアリーナツアーも発表されて、もの凄く楽しみです。

他はというと、20代の頃聴きまくってたバンドの聴き直しも結構マイブームでした。
(グレイプバイン、くるり、スピッツ、ホフディラン、レイハラカミetc)
それから年末に読んだ本の影響で、細野さんの各アルバム聴き直しとか。
あと新しめのものとしてはSEKAI NO OWARIと
きゃりーぱみゅぱみゅをよく聴いてましたね。


◆リリース
今年はそんなところですかねー。

なんらかの音源を、なんらかの形で出しますと
ブログでは一時期言っていましたが、ちょっと
間に合いませんでした。ごめんなさい。

構想は何度かしていて、早く形にしたいなあと思っています。
今までにないものが出来る予感がしています。
楽しみに待っていてくれたらと。

そのあとはまた別のアルバムも作りたいし(これは2年またぎ?)
情熱を、形にする方法、時間、資金。
それを整えたいですね。


◆これから
愚痴ではなくて。
20代の頃の音楽活動の仕方を30代前半〜中盤は引きずっていて、
けど、それでうまくいかなくて中途半端なまま来ている。
それでは駄目なことがわかったから
あとはぐるっとアングルを変えて、やり方を変えて、
自分が一番いいように活動できる環境を作りたいと思っています。

先日も週間日記に書いたのですが、
東京に出来て来て18年が経ち、
今も相変わらず東京が大好きで仕方ないけれど
東京じゃない生き方もあるのかなとも思い始めています。

“緑飢え”という状況がありました。
5月頃。今思えば5月病だったのかも知れないけれど。
仕事が忙しく、精神的にもいっぱいいっぱいで、体にも支障をきたし、
木々や草花や木漏れ日を見ては癒され、渇望している状況がありました。

東京でのそういったひととき、
そして社員旅行で軽井沢に行き、
その後駒ヶ根にもライブで行って
都会では味わえない景色と空気がありました。

田舎が楽だなんてみじんも思っていません。
けれど、将来の生き方について、都会と田舎について
ちょっと考えた今年でした。

来年は
どこにいるだろう。
どこに行くだろう。

決めたら、そこへ進むだけです。

決めるときはそろそろだなと。

これもつい先日日記に書いたけれど
“幸せ”という、ありふれた言葉
それについて考えている。

目先のことじゃなくて、これからのこと。

今年も残すところあと数時間。
さまざまな形で助けてもらった人たち、
たくさんの人たちに感謝を。
ありがとう。

よいお年を。




.
posted by oomorigenki at 12:36| Comment(2) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
元気さん頑張ってください。いつかライブでお会いできることをサインをもらうことを願っております。
Posted by 車椅子の小形大輔 at 2015年12月31日 21:30
小形さん、いつもメールや書き込みありがとうございます。日々、いろんなことが変わっていくけれど、納得できる形で音楽を続けていきたいと思っています。
いつかライブでお会いしましょう!!
Posted by 大森元気 at 2016年01月04日 12:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。