2016年08月19日

あたらしいペースで

A257D206-A3B2-4688-B8E7-34A8E28610C7.jpg


ライブのセルフレポから更新止まってましたね...。ライブ翌日にしたツイートをこっちにも書き留めておきたいと思います。

《ライブから一夜あけて。次の展開を考えています。復帰するとき今までどおりにはやらないと決めた。意味を持った展開にしなければと。自主企画か、音源制作か。ブッキングにしても意外性や意味のあるもの。》

《今まで赤字続きでも、「未来に賭ける」みたいな、ただがむしゃらにライブをやりまくるような会計も見直したい。スタジオ代やサポートメンバーへのギャラ含め、きちんと回収して黒にしていく方法を。興ざめだったらごめんだけど、今まで考えてなさすぎだったし、その位のほうが僕はうまくいく気がしていて。》

《音源制作して、自主企画して、っていう流れかなぁと。気持ち的には5月からの各コラボライブがとても手ごたえがあって、意味もあって、まだ続けたいけど、冷静になって考えてみたい。遠征もね、すぐにでもしたいけど音源作ってからかなぁ。》

これからの自分の音楽活動のやり方。
ツイートに書いたように、変えていこうと。
その表明でもありました。

売れてた頃と同じようにやるには売れ続けていないといけなくて、契約も切れたし、それは無理になった。

そして、以降ここ7〜8年と同じやり方でももうダメだとやっと分かりました。時間とお金が有り余ってるのなら話は別ですが...。

それで、これからはちゃんと意味を持たせようと。
会社みたいに、というと賛否あるかも知れないけど、きちんと回収して、その資金(もしくは回収見込みで)次のライブや制作をする。

この7〜8年、
低予算でそこそこのライブを続け、
可能な範囲でハンドメイドな音源を連発してきました。
もちろんそれはそれで意味はあったけど
これからはきちんとお金をかけ、
しかるべき人にしかるべき仕事をお願いして、
よりクオリティの高いものを作りたい。

(最近やった人がしかるべき人じゃない
と言っているのではありません、
むしろ破格もしくは無償で最高の演奏をしてくれました。要は1人で完結させないということ。)

昔売れてたとか、
大森元気ってこういう人って
予備知識や事前情報のない
まったく知らない人にもきちんと伝えたい。
感動させたいのだ。

そうするとこの14〜5年、たくさんやりまくっていたライブの本数は減ることになる。
(もちろん弾き語りなら予算いらないけど、今はバンドできちんとアレンジされた演奏をしたいのでそちらを優先したいのです、また後日語ります)
...となるとライブのペースは、月1本でも難しい...かも。

でも、決してネガティヴ思考でも、消去法ですらない。むしろやっとやり方が分かってきたし、それでクオリティを何倍にもあげられると思うから、清々しいし、楽しいし、やり甲斐を感じているのだ。

あとは演奏やアレンジだけじゃなくて、本当にぐっとくる詞と曲を書くことだな。これはかなり気合いを入れないと。もう一度ちゃんと向き合わないと...。

とにかく、この1〜2年より時間は十分に確保できるようになったし、その中で、真剣に音楽活動をしていきたいと思っています。
長い目で、ということになるかも知れないけど、何卒応援よろしくお願いします!!




.
posted by oomorigenki at 13:04| Comment(0) | genki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]