2016年10月27日

【制作日誌2016/2017】#12 アドレナリン

A972D9D9-FA44-4A91-89AC-ED9A2B0C16D6.jpg
※過去のですが、、。やっぱりこのフライヤー最高だったな。
illustlation:藤田未来/design:くりすあすか/
direction:大森元気


制作日誌 続き。9月初旬〜中旬です。


日誌ばかり書いていて....というわけではないのだけど、なかなか時間が取れなかったのと、音楽以外にいろいろ夢中になってたりして(卓球を小学校ぶりに再開したり、「君の名は。」の新海誠監督の過去作品を片っ端から見てみたり...)あんまり実作業していなかった9月でした。まあ頭の中と、iPhoneのプレイリスト上ではずーっと構想してはいるのだけど。


9.26

ようやく作業再開。デモ作りの続き。

1人で作るアルバムならデモは作らなくていいけど、いろいろ人に頼むとなるとある程度全貌が見えていたい。


「(某・海の曲)」

先日の、弾き語りバージョンにドラム・ベースを足したものに、さらにオルガン、(鍵盤で)エレキギター2本をダビング。実はストリングスとかも入れたくなってきてる。


「Smile」はまだ入れるか迷い中。ひとまず過去デモは歌詞が短い(といっても6分位あるけど)バージョンなので、改稿した花と路地ライブバージョンをYouTubeから取り込んで簡易マスタリング。


何回かこのブログでも紹介させてもらったこのライブテイク。あのときの熱狂がすごくて、これを超えられる気がしない。もっと上手く演奏することは出来るかも知れないけれど、そういう問題ではない。


音がよかったら、そして1部歌詞を間違えてなかったら、このライブバージョンのまま収録したい気持ち。


さて録り直すとなると誰にお願いしようか。前進のためとは言え自分から解体してしまったバンド。そして今は休止してしまったバンド。同じメンバーで録ってみたかったな...という気持ちはある。けど、同じメンバーでの録音が実現したとして、ライブを重ねていたあの頃の勘を取り戻すのは相当なセッションが必要だし、あの日の初企画の気合い、そして満員で酸欠者続出の中あふれ出たアドレナリン、そんな熱狂は超えられないだろう。聴くたびに熱くなりながら、ひとまず保留。







.
posted by oomorigenki at 20:51| Comment(0) | column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。