2016年10月31日

【制作日誌2016/2017】#13 秋はめまぐるしく走り去った

B0693D23-4B9C-426A-BA0B-EFD9B3C2CEF4.jpg

日記つづきです。

■9.27
「Today’s Song」 弾き語りバージョンをYouTubeから取り込み。

「リフレイン」の過去音源(リハ)にオルガンをダビング。ライブで何度もやったけど鍵盤入った編成でやったことなかった。合うのは分かっていたがやはり入れたら良くなった。これも誰にお願いするか迷ってしまう。いくつかのバンドでやった曲なので。

「恋は終わってしまった」ライブ録音を編集して尺(構成)を変えてみる。この曲の構成は色々変わっていてステージで披露したものだけでも3種類ある。今年の春に練った最新のやつが一番良さそうかな。

3104C716-E6EA-42D7-8A17-715132A4D614.jpg


■9/28
さよならをアルバムのテーマにしようというのは先日書いたけれど。そうなると必然的に湿っぽい曲が多くなってしまうなぁ。「前向きな旅立ち」感のある曲をもっと増やしたい。

それに関連して、ライブverのみで2008年に発表済みの「涙がでちゃうよ」を入れるか迷っている。恋人と別れてしまう曲だけど曲調だけでいったら楽しい曲なので入れたらアルバムの印象が少し明るくなる気がする。7月にやったスペシャルバンドのメンバーと一緒にやれたら更に楽しいだろうし。でも過去既発曲という点、それから収まる場所がないようにも思えて。引き続き検討。

A20F5DC4-DD81-47CD-BDD7-C570998D74F5.jpg

10月上旬
伊勢正三(名義は風)「何かいいことがありそうな明日」という曲。日常のあれこれをユーモアをまじえて綴った、アルバムの片隅にあるような曲なのだが、曲調やアレンジがとてもよくて。ポップでありながらロックンロールやオールディーズ的なエッセンスがいい感じに詰まってる。歌詞との対比も面白くて、こんな曲書けたらアルバムが楽しくなるなあなんて。

F5A0B425-27CF-400E-A9EF-3F1869FFF1A8.jpg

10/10(月祝)
「夕暮れグラデーション」デモバージョンをリマスタリング。ライブのみで配布したレア曲。ステージでの演奏は一度もしたことがない。

歌以外は録れ音・演奏ともによい感じなので、パラのデータがあったらそのまま使いたかったが、古いデモということもあり紛失。ボーカルのリバーブ感を抑えたいが、リマスタリングでどこまでいけるか。ダメなら全作り直しだなー。

480CAA14-14E5-46E0-A240-35E5739EF196.jpg

10/13(水)
ラジオから流れてきたニールヤングのエレクトリック曲。
僕はライブでは延々とギターソロを弾くことは結構多いけれど、最近音源ではそういうのやってないな。そんな曲を作ってみるのも面白いかも。ただ、物真似になるのはかっこ悪いし、本人にもファンにも失礼なので、自分なりの、というものが書けるなら、という感じ。



CBE2399A-EED3-4D15-BF8B-8978057BCA66.jpg


さて、これよりレコーディング少々中断。
13回にわたって連載してきた制作日誌ですが、いったん区切ります。

環境を整えまして、またすぐ再開したいと思っています。
関係ないですがブログも引っ越そうかと思っています。そのときはまたお知らせします。

いつも長文ご愛読ありがとうございます!
もう少し読みやすいブログにしたいなぁ。



.
posted by oomorigenki at 13:02| Comment(0) | column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

【制作日誌2016/2017】#12 アドレナリン

A972D9D9-FA44-4A91-89AC-ED9A2B0C16D6.jpg
※過去のですが、、。やっぱりこのフライヤー最高だったな。
illustlation:藤田未来/design:くりすあすか/
direction:大森元気


制作日誌 続き。9月初旬〜中旬です。


日誌ばかり書いていて....というわけではないのだけど、なかなか時間が取れなかったのと、音楽以外にいろいろ夢中になってたりして(卓球を小学校ぶりに再開したり、「君の名は。」の新海誠監督の過去作品を片っ端から見てみたり...)あんまり実作業していなかった9月でした。まあ頭の中と、iPhoneのプレイリスト上ではずーっと構想してはいるのだけど。


9.26

ようやく作業再開。デモ作りの続き。

1人で作るアルバムならデモは作らなくていいけど、いろいろ人に頼むとなるとある程度全貌が見えていたい。


「(某・海の曲)」

先日の、弾き語りバージョンにドラム・ベースを足したものに、さらにオルガン、(鍵盤で)エレキギター2本をダビング。実はストリングスとかも入れたくなってきてる。


「Smile」はまだ入れるか迷い中。ひとまず過去デモは歌詞が短い(といっても6分位あるけど)バージョンなので、改稿した花と路地ライブバージョンをYouTubeから取り込んで簡易マスタリング。


何回かこのブログでも紹介させてもらったこのライブテイク。あのときの熱狂がすごくて、これを超えられる気がしない。もっと上手く演奏することは出来るかも知れないけれど、そういう問題ではない。


音がよかったら、そして1部歌詞を間違えてなかったら、このライブバージョンのまま収録したい気持ち。


さて録り直すとなると誰にお願いしようか。前進のためとは言え自分から解体してしまったバンド。そして今は休止してしまったバンド。同じメンバーで録ってみたかったな...という気持ちはある。けど、同じメンバーでの録音が実現したとして、ライブを重ねていたあの頃の勘を取り戻すのは相当なセッションが必要だし、あの日の初企画の気合い、そして満員で酸欠者続出の中あふれ出たアドレナリン、そんな熱狂は超えられないだろう。聴くたびに熱くなりながら、ひとまず保留。







.
posted by oomorigenki at 20:51| Comment(0) | column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

【制作日誌2016/2017】#10 さよならについて

4CBC014A-2786-4813-8AAC-ECBF24930DFA.jpg

日誌 つづき。9月前半です。

予算的にどうかということはありつつも、ひとまず2枚組もしくは2枚同時リリースということで仮定して進めている。前にも書いたとおり、1枚はバンドっぽいもの、もう1枚は打ち込み的なもの。(一人っぽい宅録ものをどちらに入れるかは依然検討中だが...)

そこでたくさんの曲があるわけで、テーマなりコンセプトなりがなんとなくあるといいなと思っていた。それで、曲を見渡してみて「さよなら」と言っている曲が多い。まあいつも多いけれど(笑)。単に別れる曲もあれば、そこから新しく進んでいこうって曲もある。けどとにかく「さよなら」なんだなと。ならばアルバムのコンセプトをいろんな形の「さよなら」にしてみてはどうか?というアイデアが少し前から生まれていた。

そういう風に考えてみたら、恋愛のさよならだけじゃなくて、もっといろんな角度から「さよなら」を歌ってみたいなと。

そんな中ちょうど会社の引越しがあったりして、引越しに絡めた歌を作るのもいいなとちょっと思ったりした.....けど、うーん、なんか「一緒に住んでたけどここから出て行きます、明日から一人と一人です」みたいな曲はありふれてるし悲しくなりそうなので別の切り口がないかなーなんて。

例えば。一人暮らしをしていた部屋や街とさよならして、好きな人と一緒に暮らし始めるとか。それならすごく希望に満ちた「さよなら」だな。まだ1文字も書いていないのだけど、ふとそんなアイデアも。

あとは卒業?
うーん、今あんまり気分じゃないかなぁ。春には間に合わなそうだし。

そして「さよなら」といえばやっぱり死別。
これも今はあんまり書くべきこと見つからないかなぁ。「君が空にのぼってしまう夜」「インマイライフ」「海岸列車」といった歌をこれまで書いてきて、個人的には今はそれでいい気がする。

でも客観的に見たら、やっぱり書くべきだろうか。。死別も卒業も。


「さよなら」をテーマにするアイデアは良いとは思う。けど、だからと言って湿っぽくなったり、ネガティブな空気のアルバムには今回はしたくないなと、構想しながら気付いていった。
ポジティブ全開も気持ち悪いけど。

引き続きバランスを探っていく。


写真は引越し前の会社からの夕暮れ。
4階のトイレから見るこの景色が好きだった。もう見れない風景。

季節は変わっていく。





.
posted by oomorigenki at 08:50| Comment(0) | column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

【制作日誌2016/2017】#08 アルバムはストーリー

EADB1C86-72CA-4208-A22D-24B2BFED6A3C.jpg

「飲んだら夏が終わるからまだまだ飲まない!」とか偏狭なこだわりを叫んでた若い頃でしたが、最近はもう秋のセンチメンタルもいいよね、みたいな感じです(笑)

というわけで飲み比べてみたけど、今さらなんだけど秋のコク系あんまり好きじゃないかなーと思ったり。笑

一時期好きだったモルツがイマイチになって、全く興味なかったアサヒスーパードライの良さが分かってきたり。歳かな笑。さっぱりがいい。

あ、でも逆にエール/クラフト系は好きです。


 *

さて、そんな秋味が出始めた8月の終わり頃。
日誌、続きます。

 *

8/28(日)
これから作らないといけない曲もあるにせよ、だいたいの選曲と曲順は固まりつつあった。
けれど、数日前からの懸念。

.....散漫。

アルバムとしての“流れ”を作りたい。
良い曲があって、それがただただ並んでいるようなものはベスト盤みたいで、あまり好きではない。

(自分でベスト盤的プレイリスト作るのは好きなんだけど。勝手!笑)

今回のアルバムでいうと、提供曲、コンペ曲、打ち込みに目覚め「キャッチャーなもの」を作ろうとした曲などが多めで、「アルバムならではの曲」があんまりない。

「アルバムならではの曲」というのは、
シングルにはなり得ないが、
ぐっと来る曲だったり、
盛り上がる曲だったり、
アルバムの幅や解釈を広げたり、流れを作ったり、
あるいは、
マニアックな良さだったり、
ときにはクッション的役割だったり、
いろんな種類があり、いろんな役目を果たす。

キャッチャーな曲ばかりなのはいいことのように思えるかも知れないが、そういうわけで、そんなアルバムを作るのも、聴くのも、趣味じゃないのだ。


ミスチルの深海みたいな。

くるりはだいたいそういうアルバムしか作ってないな。だから好きなんだな。さよスト最高。

同じく大好きなスピッツやビートルズも、ポップな曲ばかりだけど、妙なタイミングで変な曲が入っていたりするのがいい。


あーやはりこのままだとつまらないアルバムになってしまうよなぁと。かといってめちゃくちゃシングルっぽい曲があるかといえばそうでもない(苦笑)

地味なら地味で一貫性があればそれは愛すべき作品になり得る。がそれでもない。

要は中途半端のどっちつかず。


うーん、まだまだ曲が必要だ。
すごくシングルっぽい曲と、
すごくアルバムっぽい曲と。
両方書かなきゃ。と苦悶。


この曲のライブ映像あがってたとは。大好きな曲です。




.
posted by oomorigenki at 12:45| Comment(0) | column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

【制作日誌2016/2017】#07 with a little help of my friends

C0BD9D8E-61E0-4966-A663-663BFF0F0076.jpg

さて。制作日誌8月中旬〜下旬ごろ。

まだ選曲が未確定なので実際のオファーはしていないが、打ち込み曲および自演曲以外の、
“バンドもの”の曲たちのゲストミュージシャンを検討。


前回2014年や2010年のときにも何人かの人にお願いしたが、曲数がかなり多いのと、この2年間でいろいろやってきたから同じ人に全曲頼むより
3バンドぐらいで録れたとしたらちょっと面白いことになりそうだなぁと。

気持ち的にはお願いしたい人はたくさんいる。
あの曲はあの人にーー
この曲はあの人にーー
といった感じであれこれ考えるのは夢が膨らむけど
予算的にはどうかということがある...。


実際に(ざっくりとだけど)計算してみる。
...結構な額になるなぁ。


曲や人によったらリハなしでも録音出来ちゃうけど
バンド感だしたい曲も今回多いからリハーサルも十分にしたいし、
もちろん、親しい友人にだってお礼は出来る限りしたい、、。

以前も書いたけど、破格や無償に近いお礼でいろんな人に助けてもらったことが何度もあるけど、それってやっぱり失礼だし、良くないことだなぁと。嬉しいけどねぇ...

ひとまず選曲も不確定なので、保留。





10年ぶりに拓郎色薄いって言っときながらこの曲は入れたいという....。うーん、方向性的には入れないほうがいいのかなぁ、、。




.

posted by oomorigenki at 22:15| Comment(0) | column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

【制作日誌2016/2017】#04 2バージョン同時収録?!


4F371D7C-3437-42F4-8853-9C4F7E68B4FA.jpg

制作日誌とは言え、普通だったら当然なんの曲録ってるかは秘密にすると思うんだけど、伏せながら書くとちょっとワケがわからなくなりそうなので、思い切ってタイトルをさらしてしまおうと思う(!)逆に新しいんじゃね?ってことで。

まあタイトル書いてもみんな知らないと思うし、それに、まだどの曲が入るか全然決まってないので。読んで頂いても楽しみは残しておけると思います!


8/20(土)
「Today’s Song」のトロピカルハウスバージョンを作成。本来はアコギ1本で爪弾く曲だけど、新しいアレンジも面白くなりそう。PerfumeのBABYFACE、justin bieber、kygo(カイゴ)あたりの、最近ラジオでもよくかかっている心地よいサウンド。打ち込みの中でもアゲアゲでないトロピカルハウスのアプローチは自分の曲に合う気がする。流行りが去る前に発売できるかな(笑)
オリジナルのフォーキーなバージョンも発表はしたい。2枚組(or 2枚同時)が実現できるなら2バージョン入れるのはありだな。


8/21(日)
「ブランケットブルース」をプレイリストに入れる。ライブバージョンでのみ発売したことのある2008年の曲(現在は廃盤)。ライブとあまり変わらないかも知れないけど、打ち込みでなくバンドで録ってみたいな。
地味だけど、匂い・空気感みたいなものがあるし、当時しか書けない大事な曲でもあるから形にしておきたいと思っている。

8/22(月)
「夏の予感」「夕暮れグラデーション」をプレイリストに入れる。
2曲ともずいぶん前にライブ特典で配布したことがあるデモ。いつかちゃんと録り直して発売したいと思っている。

すでに打ち込みverをリスト入れている「boys & girls」の、バンドライブverもリストに入れてみる。楽しいよふかしの3人と「カーディガンズっぽくやったらカッコよさそう」と話していたのを思い出す。その線で膨らませられるかな。これも2バージョン入れられたら面白くなりそうだ。



「today's song」の弾き語りバージョン




.
posted by oomorigenki at 13:06| Comment(0) | column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

【制作日誌2016/2017】#03 とんでもない案

2B87B5B6-5DD0-456F-B590-38698C39D0E7.jpg

■2016.8月前半

iphoneのプレイリストに曲を並べてアルバムの構想をする。

録り終わってからも変えることはあるけれど、構想の時点ですでに
曲順は大事な要素。

悪くない曲が並んでるのに退屈してしまうとか、
逆に、ここでこれが来ることによって魅力が増すとか、
ここにこういう曲が欲しいから書かなきゃ、とか。
そういうことは多々あって、プレイリストに毎日追加したり、
並べ替えたりしている。

デモがなかったり、弾き語りしかない曲があるので
それらをラフでいいから仕上げるところから具体的な作業は始まる。


(a)打ち込み系の曲たち
(b)提供&コンペ用の曲
(c)バンドもの

大きく分けてこの3種類があり、どんな流れにするか答えが見えない。

レコードのA面B面のように、前半後半で分けるか。
もしくはくるりのTEAM ROCKのように
打ち込みだろうがバンドものだろうがランダムに混ぜ込んでしまおうか。

日誌#01にも書いたように2年以上ずーーっと迷っている。2年あったらそれぞれの方向で2枚作れたな(苦笑)。

........2枚?!

そう、それはあながち冗談ではなくて、短めのフルアルバム、もしくは長めのミニアルバムを2タイトル作ってしまうというとんでもない案が現実味を帯びてきている。

2枚同時リリース!?

ニュースとしてのインパクトは凄いが、、、
本気なのか?
実現可能なのか?

......うん、まずは落ち着こう....。





.
posted by oomorigenki at 12:47| Comment(0) | column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

【制作日誌2016/2017】#02 プロローグ後編

90A61FEE-F392-415E-A4DC-185FEC3A9192.jpg

9ヶ月間ライブを休む。収入になるものを除き、スタジオも、家での作曲も、一時停止した。ライブ漬けの時期も長かったので僕にとってはとても長い9ヶ月。
それ以前から、この数年間はなかなか音楽活動と仕事の両立が難しくて、ライブのペースも減り気味だったし、試行錯誤していた日々でした。

なんとか目処が立ち、今年(2016年)4月から音楽活動を再開。(ライブは5月から)

何度か書いているけれど、今までと同じようにはやらないと決める。それで新しい人たちとやったり、楽器編成やアレンジを色々試したり。うまくいったこともいかなかったこともあったけど、かなりの手ごたえを感じた4〜7月でした。

気持ち的にはそのままのペースでライブを続けていきたかったのだけど、今までよりお金をかけてライブを作っているので、資金の回収が必須。かといって予算のかからない弾き語りは、今はやる意味があるようにはあまり思えず...。

そうなると、自主企画やワンマンをしたほうが意味があるのでは?と。

で、そもそもの話、ライブで良いと思ってくれたお客さんが買える最新アルバムがないというのはやはり勿体ないと。

そういう流れで、いよいよ。

新しいアルバムの構想に再び取り掛かったわけです。

...はぁ、説明長かった(苦笑)


そういうわけで。
ライブやりたい気持ちはかなりあるんですが、その情熱と時間をアルバム制作にあてたいと思います! まぁ絶対ライブやらないってわけでもないので。タイミングと条件が重なればむしろやりたいとも思っています!

というわけで、前置きはこれくらいにして。
次回から、具体的な日誌の始まりです。



.
posted by oomorigenki at 20:33| Comment(0) | column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

【制作日記2016-2017】#01 プロローグ前編

892BDE70-C55E-4DAB-86F6-4694AB84B206.jpg

アルバム制作日記をまた始めたいと思います。
とは言え、まだ構想段階。
完成はけっこう先になりそうですが、、、
見守っていただけると嬉しいです。




アルバムの構想を再び始めた。
「再び」というのにはわけがあって、
2014年夏に全曲打ち込みのアルバムを作ろうとしていた。
(うち4曲はライブ会場&配信で発売した)
打ち込みにハマッた経緯などは何度か長々と語っているので省略しますが
前回のアルバム(『君の街 僕の街』)の完成で
気分的に一区切りついたので、今度は違うことをしてみたいと思っていた。
けれども曲も足りなかったし、センスもまだまだだなってことで
いったん保留にすることに。

約1年後の2015年に2度目の構想。
その頃は人に提供した曲や、そのための未発表曲がいろいろあって
それらのうち収録可能なものを選出して、
未完のアルバムのリストに追加してみようと。

打ち込みではあったけど、
四つ打ちのダンスミュージックばかりではなくて
バンドものや歌謡曲的なもの等いろんな方向があり。
それらをどうアルバムにまとめるか、どれを入れて、どれを落とすか。提供を前提にした歌詞を書き直すべきか。。
いろんな選択肢にも悩みながら、こちらも一旦保留に。

そして2016年。
2年ごし(完成まで含めたら多分3年だな...)
今度こそきちんと完成させたいと思っている。
これを作らなければ次に進めないし、最高のものを作って
次の景色を見てみたいと思うのだ。

つづく



2014年、全曲打ち込みで行なったライブのダイジェスト


posted by oomorigenki at 13:10| Comment(0) | column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

ダウンロード販売遅延のお知らせ

帰れていないのでダウンロード販売、明日になります。申し訳ありません。




.
posted by oomorigenki at 02:40| Comment(0) | column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

本日リリース!発売時刻遅延のお知らせ

本日リリースの大森元気『Noah』2曲いりの“新バージョン”ですが、再調整などしていたため、夜の発売とさせて頂きます(note|大森元気アカにて)。

ライブ会場では告知どおり発売いたします!グッドマンへお越しの皆様ぜひお楽しみに!!
posted by oomorigenki at 15:13| Comment(0) | column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月24日

たのしくよふかそう


image-20140524130438.png

明日です。前回から挑戦している、打ち込み+生演奏のスタイルでライブします。
6月に弾き語りがある他は、今後ライブは未定となっていますので、是非!!


●2014.5.25(日)
秋葉原 CLUB GOODMAN
楽しいよふかし『サードニクス』制作記念〜サードニクスパッション〜
【時間】open 19:00 / start 19:30
【料金】¥1800 / ¥2300(D別)
【出演】楽しいよふかし / ダンカンバカヤロー! / VIDEO / 大森元気 / オワリズム弁慶

*大森元気の出演時刻は19:25〜を予定しております(多少前後することもございますのでご了承下さい)

なお、明日より2曲入り『Noah』の、新ミックスバージョンを販売開始します!





.
posted by oomorigenki at 13:05| Comment(0) | column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

ゆめみてきた


image-20140517111241.png

きのう喫茶SMiLE本当楽しかったー!!ナガサカマサシ&夢見る港にベーシストとして参加してきました。

20時。先攻は吉上恭太さん。相変わらずの名曲ぞろいで、今回のベースとのデュオ編成も味があってよかったです。バンドも、一人も、デュオも、全部いいなぁ。いつかカバーしたい!そんな曲ばかり。

さてそんな感動の余韻を胸に、後攻・夢見る港。

半年前にも1度参加させてもらったんだけど、そのときよりもちゃんとバンドに入り込めた。楽譜もほとんど見なかったし、サポートとかメンバーとかではなくて、一つのバンドになれていたと思う。音楽との一体感。

もちろんまだまだだだけど、ベース、本当楽しくて、もっともっと勉強していきたいです。

シンガーソングライターの大森元気がベースを弾く、ではなくて、ベーシストとしての大森元気。そういう気持ちでやってたし、そんな感想をくれた人もいた。

観に来てくれたうちだあやこ嬢(dodo/coinbird)に「ちゃんと大森元気の気配消せるんだね」と茶化して言われたけど、地味に1番嬉しかったな。

オーラスのセッション部分でハイジの超絶ギターソロに触発され若干ハメ外しちゃった瞬間もあったけど笑。まあそれだけ盛り上がったってことで笑

また声かけてもらいたいし、他のバンドでも弾かせてもらえたら嬉しいなぁ。

もちろん、シンガーソングライターとしての活動、その他のいろんな活動、全部やっていきます。仕事を頂けるようにね、とにかく経験値を上げていきたいです。

長坂さん、夢見るの皆さん、とにかく昨日はありがとう。





.
posted by oomorigenki at 11:13| Comment(0) | column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

サヨナラぼくのかわいい


image-20140514155500.png

今日はレッスンの日。
シロツメクサの季節。
(ここでやるわけではない)





.
posted by oomorigenki at 15:55| Comment(0) | column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月12日

ベースで参加します!


image-20140512064830.png

(写真上)撮影:並木
(写真下)撮影:大森

“ナガサカマサシ&夢見る港”スタジオ練でした。本番は6人で演奏します。
ぼくはハッシーのピンチヒッターでベースを弾きます。

ベース楽しいなあ〜!!楽しいうえにみんなから「やりやすい」だの「グルーヴがいい」だの言ってもらえて舞い上がっております。もっと練習してもっともっとのびのびと奏でたいです。もっともっと良いグルーヴ、出したい!

ライブは5/16(金)、渋谷・喫茶SMiLEにて。大好きな吉上恭太さんとツーマンです!!





.
posted by oomorigenki at 06:49| Comment(0) | column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

エレベ


image-20140511102127.png

この半年シンセばかり弾いてましたが
今日はエレベでリハです。







.
posted by oomorigenki at 10:22| Comment(0) | column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風が吹いている


image-20140511102656.png


くすのきって好きだなー
くすのきで合ってるかな




.
posted by oomorigenki at 10:21| Comment(0) | column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

新緑と薫る風の季節


image-20140504230424.png


新緑眩しく、薫る風心地よい季節です。こんな気候みたいに色んなことが上手くいくといいね!!
さて近日の予定だったり、ちょっとした発見だったりをズラズラと。


【大森元気 近日の予定を大発表︎︎】
◉5/5(明日) or 6(明後日)
→新トラック2曲をネット上にて公開します!

1曲はライブのみで数回披露したレア曲の新アレンジ。
もう1曲は先日ツイッターでも呟いてましたが(※下記参照)10年前の曲の新アレンジ&新録音!!!

-

◉5/7(水)
→先月公開済みの新曲「Noah」「通りすぎた街」の新ミックス(一部新録)verをダウンロード&会場発売します!!

-

◉同日5/7(水)代官山・晴れたら空に豆まいてにてLIVE!
18:30/19:00 ¥2500/¥3000(D別)
【出演】HARCO / 中村好伸 / 大森元気


ライブ減らして以来2ヶ月ぶりのライブとなります。
そして今までやらなかったことばかりに挑戦したいと思います。



※ツイッターより転記
おとといの話。ある曲。一度完成したものの半音あげて歌を録り直した。
断然変わった!!
半音て本当ちょっとなんだけど、大きい。すげーなぁ。

その曲は実は10年前の曲。当時も録音のみ半音あげで録った。
ライブでは、発売前も後もずっと半音さげで。
10年ぶりに上げて歌ってみたら思うほどキツくなかったし、曲も見違えた。
曲本来の魅力はこのキーでないと出ないんだなぁと。
バンドだと難しいがこれからは半音あげでやろうと思う。

難しいというか、A♭って、「ポップスならいいけど、ロックじゃないな」
って勝手に思ってたんだよね。GかAにしろよっていう。苦笑。
昔のはなしです。

この曲に関しては発売予定はありません、すみません。
権利的なことが自力だと今は難しくて...。
もちろんリリースして頂けるのであれば全力で飛びつきますが!

いやー、でも本当、昔の歌を(ライブでなく録音で)
歌うってのはかなり大変でした。
「今の歌い方」と「当時の歌い方」が交錯する。


という感じで頻繁はライブ活動はお休み中ですが、勢力的に動いておりますので
是非チェックをお願いします!!!




.
posted by oomorigenki at 23:04| Comment(0) | column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発芽


image-20140504082013.png


水にもひたさず、殻もつぶさず、
本当にただパラパラと土に蒔いておいた
コリアンダーの種。(パクチーっすね)
種自体古かったし、3週間くらい何もなかったのでダメだったかなーと思ったら。
芽出してました!
posted by oomorigenki at 08:19| Comment(0) | column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

地元の川上澄生展を吉祥寺で観る


image-20140502084925.png

吉祥寺は昔も今も大好きな街で、武蔵野市から引っ越したあとも乗り換えで立ち寄ったり、買い物や散歩や、なんだかんだで毎週のようにぶらついている街です。

ロンロンがatreになって、コピスが出来て、先週にはキラリナもOPEN。

駅のスタバからJRホームと井の頭改札が左右に一望出来るスポットなんかもとても気になっています(が、まだ勇気が出ずに入れてません笑)

オシャレと庶民性、老若男女、その雑多に混ざり合うこの街が好きで、気がねせずにぶらぶらしたい街。けど人気の街なだけあって、ここ数年…というかまあ昔からそうだったけど土日の人の多さは本当に凄いです。

そんな中、いつもガラガラ(失礼)でゆったり出来るのが吉祥寺美術館。

コピスA館(旧伊勢丹)の7階、プラネットKやらロフトのあたりですよ。

展示の内容にもよるけど入場料がおおむね100円くらいで財布にも嬉しいです。で油断しているとポストカードとか画集とか買っちゃうんだけどね。佐々木マキ氏のときは全部欲しくて大変だった!。

 *
 
で、先日もふらっと通りかかってみると川上澄生展!!

あまり馴染みのない名前かも知れませんが、僕の地元ではみんな知ってる名前。

と思ったら「鹿沼市立川上澄生美術館所蔵」!!

まさか大好きな吉祥寺で、地元の地名が出てくると思わなかった!
そうなんです。自分、生まれも育ちも鹿沼市。びっくりしたー。

この鹿沼市にある美術館、平成4年(1992年)に開館してるので全然地元にいた時期なんだけど何故かずっと行けてなかったので、やっと行くことが出来ました。吉祥寺でってのがなんか可笑しいんだけど。

川上澄生氏(1895〜1972)は横浜生まれ、東京育ち、北米で居住後、栃木県宇都宮市にて英語教師をしながら版画を制作していた人です(疎開のため一時北海道にも居住)。鹿沼にはあんまり関係ないんだけど、宇都宮に長く住んでいたこともあって隣市の鹿沼に美術館が出来たのでしょうか。

 *

吉祥寺に話を戻しましょう。
今回も入場料100円で、展示数もかなりあって、たっぷり楽しめました。版画自体も素晴しいし、題材となっている大正や、もっと昔の文明開化の時代の文化・ファッション等を知ることが出来てとても興味深かったです。「女性が着物姿にブーツを履くファッションは兵隊みたいで批判された」みたいな。

さすがに連休中はがらがらとまではいかないとは思いますが多分街なかよりはすいているはず。

人ごみに疲れたら、足を運んでみてはいかがでしょう〜

4日・5日には版画のワークショップもあるみたいです。(5/4:中学生以上、5/5:幼児〜小学生、ともに1000円)

展示自体は5/11までです。



ていうかバウスシアターにも行きたいぜー。いつまでだっけ。






.
posted by oomorigenki at 08:50| Comment(1) | column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。